TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

六本木の「至上の印象派展」夜間は混雑していませんでした。

金曜日の午後6時からがおススメ

東京・六本木の国立新美術館で2018年2月14日(水)から 5月7日(月)まで開催中の「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」を見てきました。

f:id:travelart:20180217001206j:plain

印象派の人気はメチャクチャ高く、混雑必至と思われたので、少しでも混雑を避けるため金曜日の夜間延長の時間帯に行ってきました。金曜日と土曜日は午後8時まで開館しているのです。上の写真、午後6時の時点でチケット売り場に人は無し。ほとんどの人は前売り券を持っているようでした。

f:id:travelart:20180217001430j:plain

会場入り口また会場内にも全く混雑は無く、ゆっくりと見て回ることができました。結構間隔を広くとって作品が展示されているので、この先混雑してきても絵の目の前でギュウギュウになることはなさそうに思いましたね。

メインの《可愛いイレーヌ》も間近でじっくりと見られました。

f:id:travelart:20180217002520j:plain

2月28日まで、来場者全員に上の特製ポストカードがプレゼントされます。

全体の展示作品数は64点と多くはありませんが、ルノワールからゴッホ、ピカソまで様々なタイプの作品を一堂に見ることができたので、お腹いっぱいな感じになります。

最後の展示室には、モネの《睡蓮の池、緑の反映》が一枚だけドーンと展示されており、写真撮影が可能になっています。

f:id:travelart:20180217003134j:plain

白い壁と白い天井に囲まれており、パリのオランジュリー美術館にある睡蓮の部屋のようでした。皆さん絵の写真撮影をしているので、近くまで見に行きづらい感じではありましたが。。

じっくり会場内を2周して、所要時間は約1時間半でした。ミュージアムショップのグッズは種類豊富。ロートレックが描いた絵のTシャツ(3200円)がカッコよかったんですが、もうTシャツ買い過ぎの状態なので、今回はガマン。

f:id:travelart:20180217003726j:plain

印象派の花柄タイツ(3800円)とかビュールレ氏の似顔絵入りモンベルのサーモマグ(2000円)とかあったけど、、売れるのだろうか。。

美術展鑑賞後はポール・ボキューズで食事をしたい(願望)

国立新美術館には、フランス料理の巨匠ポール・ボキューズのお店が入っています。高級フレンチではなく、カジュアルな感じのお店です。

www.hiramatsurestaurant.jp

至上の印象派展会期中は「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 特別コース」が提供されていいて、展示作品にちなんだお料理を食べられるんです。六本木ってオシャレなことやりますね。

しかも国立新美術館で会期中の企画展・公募展の半券を提示すれば、ディナーに限り飲食代が10%オフになるんです!10%は大きいでしょ。

レストランだけの利用も可能なので、今度行ってみようかなぁ、一人で。半券はしばらく財布の中に入れておこう。いつでも行けるように。

スポンサーリンク

 

上野の「ブリューゲル展」が少々混雑って、ちょっと意外!

ブリューゲルが意外と人気あるようです。

東京・上野の東京都美術館で、2018年1月23日(火)~4月1日(日)まで開催中の、ブリューゲル展に行ってきました。

f:id:travelart:20180128231638j:plain

現在のベルギーを代表する画家一族であるブリューゲル。偉大な画家ではあるけれでも、やはりダ・ヴィンチやゴッホほどの人気ではないだろうと勝手な予想をして、今回の展覧会もまだガラガラだろうと思っていました。

土曜日の午後1時半頃に着くと、チケット売り場は混雑していませんでしたが、会場内は結構な人の入り。最初の展示室は、少し列ができるほどでした。その後進むにつれてバラけてきて鑑賞しやすくなりましたが、いや~意外とブリューゲルって人気あるんですね。

f:id:travelart:20180128231457j:plain

ブリューゲル一家の描く絵は小さいサイズが多く、コピー用紙のA4サイズとか小さいものだと絵葉書ぐらいのものもあるので、絵に近づいてじーっと見ないといけないので大変です。ここでもやはり単眼鏡が威力を発揮します。

肉眼では豆粒ぐらいの人物像でも、よく見ると活き活きとした動きが描かれているので、ぜひ単眼鏡を使うことをおススメします。

travelart.hatenablog.com

今回のブリューゲル展は、画家一族であるブリューゲル家の親からひ孫まで入り混じって展示されています。しかも同じ名前で1世とか2世とかいうので、見ていて混乱してくるんですね。しかしそこは主催者もよく考えたもので、作品名と一緒に親子関係をわかりやすく表示しています。

f:id:travelart:20180128232401j:plain

これは子と孫による共作ということです。

会場内は、1月23日(火)から2月18日(日)まで、写真撮影のできる部屋があります。実物をしっかり見てから記念に写真を撮って、家族やお友達に見せてあげたいですね。

f:id:travelart:20180128231907j:plain

今回も音声ガイドを借りてみました。声優の石田彰さんによるナビゲートはもちろん良かったですが、作品にも描かれている楽器リュートで演奏したBGMなども収録されていて、それを聞きながら鑑賞するのも楽しかったです。

f:id:travelart:20180128232716j:plain

単眼鏡を使ってじっくり鑑賞して、所要時間は約2時間でした。ミュージアムショップでは、クリアファイルや絵葉書などに加え、デルフト焼きの絵皿(約11,000円)、ベルギービール(約600円)、ビアグラス(約700円)など、フラドル地方のお土産もありました。花の絵の描かれたクッキー缶は、食べ終わったら小物入れにでもできそうないいデザインです。

www.ntv.co.jp

スポンサーリンク

 

東京国立博物館では「アラビアの道」が開催中

同じく上野の東京国立博物館では「アラビアの道 サウジアラビア王国の至宝」が開催中です。

f:id:travelart:20180128232923j:plain

サウジアラビアは、最近になって観光ビザを発給することを決めたような国で、なかなか訪れることは難しい国なんですね。

したがって、サウジアラビア国立博物館を見学したいと思っても、現状ではまず不可能。そんな国のお宝が揃って日本で見られるのです。

これはチャンス!ということで行ってきました。

f:id:travelart:20180128233029j:plain

いろいろな展示品がありましたが、どれも制作された時代がすごいです。今から5000年前とか、もうよくわかりません。アラビア世界は桁が違いますね。「何千年も前によくこんな物が作れたなぁ」なんて思ったりしましたが、じつは古代の人の方が技術力が高かったりするのかもしれません。

なかなか面白い展覧会でした。

www.tnm.jp

スポンサーリンク

 

カーオーディオでハイレゾ音楽を聞きたい

ドライブ中の音楽をちょっとレベルアップしてみる

私は特に音響マニアではないのですが、先日ドライブ中に「ハイレゾってどんな感じなんだろ?」と思ったのが始まりで、車の中でもハイレゾを聞けるのか、調べてみました。

f:id:travelart:20171216164411j:plain

まずハイレゾとは、CDよりも情報量が多い音楽データで、その分臨場感が高いらしい、、です。よくわかりませんが、まぁ今よりもいい音になるんでしょう。しかしCDのようにメディアでは販売していなくて、「ハイレゾデータをダウンロード」という形で販売しているようです。いろいろ進んでますね。

それで車の中でハイレゾを聞くには、、
1.ハイレゾ対応カーオーディオを設置する。
2.ポータブルハイレゾプレーヤーを、現在のハイレゾ非対応カーオーディオに外部接続する。
この2択らしいです。

愛車ハリアーには、すでに純正のカーオーディオキットを組んでいるので、これを変えるのは現実的ではない、ということでポータブルプレーヤー接続を選択。

これまで長い間ipodを使っていましたが、久しぶりにソニーのwalkmanを買ってみることにしました。NW-A45という機能充実でお手頃価格のモデル。それと評判の良さそうなイヤホンとケース、車用の接続ケーブルも。

f:id:travelart:20171216003700j:plain

車の中ではいつも、安室奈美恵様の歌を聴いているので、安室様の爆売れアルバム「Finally」をハイレゾでダウンロードして聞こう、と思ってハイレゾ音源を販売しているウェブサイトへ。すると、、、なんと!安室様の歌はハイレゾで出ていないではないか!!

f:id:travelart:20171216011709j:plain

ハハ、そんなこともあるんですね。すべてのCDがハイレゾでも販売されているわけではない、と。。知らんかった。

しかしこのwalkmanには、普通のCD音源を疑似的にハイレゾに近づけて再生できるアップスケーリング機能があるので、とりあえずそれでいいことにします。

また、代わりというわけではありませんが、ヨドバシカメラの試聴コーナーで聴いた宇多田ヒカルの歌声が良かったので、宇多田のアルバムをハイレゾでダウンロードしてみました。

スポンサーリンク

 

ハリアーのJBLで試聴だ

私のハリアーには「JBLプレミアムサウンドシステム」というのがついています。肥えた耳の持ち主からは評判がよくないのですが、私のような素人の耳ではこれだけでも十分満足なんですけどねぇ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

walkmanとの接続にはAUX端子を使用します。ハリアーのAUX端子はセンターコンソールにあります。

f:id:travelart:20171216005057j:plain

ここにオーディオテクニカのカーオーディオケーブルで接続します。私が選んだのはカールコードタイプなので、邪魔にならなくて大変よろしいです。ドリンクホルダーも問題なく使えそうです。

さあ試聴だスイッチオン!

あれ、、聞こえない。なんで?接続方法が間違ってるのかな?って間違えるほど複雑なことはありません。ケーブルをイヤホンと同じ穴に挿して、もう一方を車のAUX端子に挿すだけです。

原因は、walkman側の音量でした。カーオーディオに接続する場合は、walkmanの音量を最大にしなければダメでした。

これで無事、再生開始。まずはハイレゾの宇多田ヒカルの歌から。

f:id:travelart:20171216005301j:plain

、、、、、違う。

これまで聞いてた音と違うんです。なんというか、臨場感が、すぐそこで歌っているようです。表現の仕方がわかりませんが、素人耳でもすぐに分かるぐらい違います。いや~こんなに違うとは。宇多田ヒカルがすごいのかな、これ。

次に安室様のCD音源を疑似ハイレゾで再生。

f:id:travelart:20171216005520j:plain

う~ん、やっぱり宇多田ヒカルのハイレゾ音源にはかなわないなぁ。でもただのCDの音と比べてみると、それはそれで違いがハッキリと出ました。疑似ハイレゾの方が、高音がずっとクリアに聞こえます。

安室様のハイレゾ音源も発売されないかな~。即買いするけどな!

いろいろ設定をいじって自分好みの音に合わせていたら、あっという間に2時間経っていました。

音響って奥深いですね~って、今さら気づきました。これは上を求めたらキリがないヤツです。カメラのレンズと同じで沼にはまりそう。

このwalkman接続で、今後はより良い音楽とともにドライブを楽しめそうです。

USBジャックもあるので、walkman付属のケーブルで充電しながら使用できますが、ちょっと長すぎて邪魔です。こちらも別売りでカールコードのタイプがあればいいですね。

f:id:travelart:20171216164752j:plain

最後に注意点を一つ。walkmanを車から外して、イヤホンで聴くときには音量の設定に気を付けなければなりません。カーオーディオに接続したときに最大音量にしていたので、そのままイヤホンで再生したら鼓膜が破れそうになります。

経験者は語るということですね、、。

スポンサーリンク