TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

「古代エジプト展」株主優待券の使用期限延長して再開!

古代エジプト展」入場予約して行ってきた

渋谷のBunkamura ミュージアムで開催中の「古代エジプト展」は、緊急事態宣言発令により4月25日から休館となっていましたが、6月1日に再開しました。

f:id:travelart:20210603205130j:plain

休館直前は整理券が配布されるほどの大混雑でした。私も株主優待券を持っていて行きたかったのですが、時間が合わず泣く泣く見送ることに。そしてなんと緊急事態宣言中に、優待券の使用期限が切れてしまったのです(泣)

 

しかし、さすが東急さん!優待券の使用期限を半年延長してくれました。捨てなくて良かった~。株主優待券を持っていても、再開後は入場予約が必須となります。

 

私が訪れたのは、6月2日の水曜日午後5時半からの入場回。入り口も会場内も全く混雑は無し!休館直前に駆け込まなくて正解だったかも!?会場内では係員がソーシャルディスタンスを取るよう注意書きを持って回り、感染対策も万全でした。メインビジュアルとなっているミイラ棺もゆっくりと見られました。

 

そもそも会話をしない、飲食もしない、酔っ払いもいない美術館を休業対象にする必要があったのか?と思いますね。通勤の電車内よりはるかに安全だと思いましたよ。ミュージアムショップも混雑無し!

f:id:travelart:20210603205207j:plain

今回はキーホルダー(1,500円)とパスケース(1,870円)を購入。美術館の外にもショップが出ているので、ノートとかタオルなどは外でも買えますが美術館内のショップの方が充実しています。ちなみにBE@RBRICK ANCIENT EGYPT 100%」は売り切れの模様。

 

今後美術展は予約入場制が主流となるか?

最初から予約入場制を設けて人数を制限し、しっかりと感染対策して緊急事態宣言が出ても開館できるようにしておくのがいいと思いますね。実際下記の美術展は予約制となっています。

 

特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」
会期:2021年4月13日(火)~6月20日(日)


三菱の至宝展
会期:2021年6月30日(水)~9月12日(日)

 

特別展「聖徳太子と法隆寺」
会期:2021年7月13日(火)~9月5日(日)

 

特別展「北斎づくし」
会期:2021年7月22日(木.祝)〜9月17日(金)

 

クロード・モネ ― 風景への問いかけ
会期:2021年10月2日[土] - 2022年1月10日[月・祝]
※アーティゾン美術館は日時指定予約制

 

まぁでもコロナの状況によっては、また臨時休館となるかもしれないので早めに行きましょう!、、と「渡辺省亭展」を逃した私の悲しい叫びです。

 

香港に行った気分が味わえる東京・湯島の「香港傳奇」

香港の味を思い出すぅ~♥

東京・湯島にある「香港傳奇」で、日曜日のランチを頂きました。お店は12時オープン。11時40分ごろにお店の前に着くと、すでに15人ほどの入店待ちの列ができていました。

f:id:travelart:20210310194507j:plain

お店は12時ピッタリにオープン。席数は42席ですがすぐに満席になっていました。その後も店の外では入店待ちの人がいるほどなので、かなりの人気店のようです。

 

そして驚くべきは、店内のお客さんのほとんどが中国人。というか中国語話者。店内には中国語が飛び交っていて、さながら香港の茶餐廳にいるような感じ。食にはうるさい中国人が集まるぐらいですから、味も期待できるのでしょう。

f:id:travelart:20210310194535j:plain

注文はメニュー表に書き込んで店員さんに渡します。写真もついているので、どんな料理かわかりやすいですね。

 

私が友人と二人で注文したものは、、

海老入り蒸し餃子 580円

海老ワンタンの唐揚げ 580円

焼き大根餅 520円

直火焼きチャーシュー 880円

南翔小籠包 550円

チャーシューチョンファン 680円

ヱビス中瓶 650円×3

ミニエッグタルト 480円

ホンコンレモンティー 380円×2

f:id:travelart:20210310194559j:plain

f:id:travelart:20210310194616j:plain

あ~あランチでこんなに食べちゃった。ビールも進むんですよ。目の前に出てくる料理に感動のあまり、写真を撮るのも忘れて食べてしまいました。。料理はどれも本当に美味しかったです。チャーシューだけでビール1本イケますからね。

 

店内は明るく綺麗で、客席はほどよく距離が保たれていて、居心地はとても良し!一人飯でも全然余裕!家の近くにあったら入り浸りますね、こりゃ。店員さんはテキパキと動いていて注文もしやすかったです。

 

この「香港傳奇」は英名「Legendary Hong Kong」と言って、シンガポールなどにも系列店があるようです。そちらのメニューには、東京店には無い「焼肉(シューヨッ)」などもあるみたいなので、今後東京でも出してくれるといいなぁ。

f:id:travelart:20210310194701j:plain

シンガポール店のメニューより

ランチの時間帯は、11時40分ごろから並ぶか、お客さんが1回転する12時40分頃を狙うか、、1時40分ごろには客足も落ち着いてきていた感じがありました。

 

テイクアウトもやっているので、チャーシューチキンライスをテイクアウトするのもいいなぁ、などとすでに再訪を決めております。

 

3密回避ドライブ その6 ~東京のど真ん中で最高の紅葉を見る「八芳園」~

東京・白金の紅葉の名所

結婚式場として有名な東京都港区白金台の「八芳園」。ここには広大な日本庭園があり、その紅葉が素晴らしいのです。暖かかった12月13日の日曜日に行ってみました。ここは、結婚式参加者でなくても駐車場が無料。SUVでも立体駐車場に入れました。

f:id:travelart:20201215124914j:plain

車両制限は全長5.05m以下、全幅1.85m以下、全高1.80m以下、全重量1.85t以下となっていました。他に平面駐車場もありましたので、制限に引っかかる車はそちらへ回されるのでしょう。

 

本館入口で手の消毒をして館内の入り口から庭園へ。この日はちょうど紅葉の真っ盛り。庭園内は赤や黄色に色づいた木々で埋め尽くされています。また樹齢500年を超えるような盆栽の展示もあり見応え十分。結婚式場なので、庭園では結婚式の記念撮影をする皆さんが優先となります。

f:id:travelart:20201215125247j:plain

八芳園の本館内は結婚式参加者やラウンジで食事をする人などで結構混んでいましたが、庭園の方はガラガラでした。十分にソーシャルディスタンスを確保して紅葉を満喫できました。

 

池には鯉がたくさん泳いでいて、都心とは思えない優雅な空間が広がっています。

f:id:travelart:20201215125520j:plain

駐車場の係員の方から、館内スタッフ、式場カメラマンの方々まで、ただの見学者である我々にもとても親切に対応してくれました。

 

さすが誰もが憧れる結婚式場!そして我々庶民にもこの庭園を開放してくれてありがとう!

 

八芳園の紅葉まだもう少しもちそうだったので、12月中旬過ぎまで見ごろは続きそうです。