TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

ダ・ヴィンチの「サルバトール ムンディ」が競売に!

クリスティーズで11月15日に出品

レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の名作「サルバトール ムンディ」。

Leonardo da Vinci or Boltraffio (attrib) Salvator Mundi circa 1500

2011年にロンドンのナショナルギャラリーで初公開されて、大きな話題を呼んだ作品です。

現在ロシア・サンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館にある「ブノワの聖母」が1909年に発見されて以来の、ダ・ヴィンチ認定作品とのこと。

この「サルバトール ムンディ」の絵のサイズは64.5x44.7cm。ルーブル美術館のモナリザが77cm×53cmなので、モナリザより少し小さいようですね。

美術館で展示するとなると、大変な混雑の中見ることになりそう。

 

travelart.hatenablog.com

 

この世紀の大発見作品が、11月15日にニューヨークのクリスティーズで競売にかけられると!いくらの予想ですって?112億?

個人ではなくどこかの美術館が落札してくれ!そうじゃないと、一般の我々が見られない~。日本の国立西洋美術館よ頑張れ!

ZOZO TOWNの前澤社長は、以前ジャン=ミシェル・バスキアの絵画を約123億円で落札したそうだから頑張ってくれないかな~。そして千葉に前澤美術館でも作って展示してくれたら、もう何度も通っちゃうけどな。

個人落札でも、公開してくれる人だといいですね。

クリスティーズのサイトで、この作品の来歴とか、修復の際の発見とか詳しく書かれています。

www.christies.com

 

 

スポンサーリンク