TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

キューバ旅行に必要なツーリストカード簡単に取得できました!|キューバ一人旅その1

今年の夏休みはキューバ!

ずっと行きたいと思っていたキューバ。私が長期で休みを取れるのは、夏休みと年末年始のみ。例年その時期は航空券の価格が20万円近くして、ちょっと高いな~と二の足を踏んでいたのですが、航空券検索サイトのスカイスキャナーを眺めていたら、今年は意外と安いのが見つかりました。

f:id:travelart:20170523215615j:plain

成田発カナダトロント経由ハバナ行きのエアカナダ、7月中旬の日程で125,240円。これなら行ける!と思い、即決。今年の夏休みは1週間のキューバ旅行に行くことになりました。

ちなみにメキシコ経由でもキューバには行けて、メキシコの航空会社アエロメヒコはエアカナダよりも安いのですが、評判がちょっと、、ということで私はエアカナダを選びました。

そんなことで、まずキューバ旅行に際して必要なツーリストカードという書類を取らないといけません。ビザみたいなものですね。お金払って申請すればすぐもらえるものと思っていましたが、よく調べてみると、これがなかなか曲者らしい。

ネット上ではこんなことが言われていました。

申請に必要な書類がコロコロ変わる。キューバ大使館領事部の受付時間もコロコロ変わる。申請料金支払い時のお釣りが出ない。ツーリストカードの在庫が切れて発給できない場合がある。時期によっては申請が殺到して発給に時間がかかる。問い合わせの電話に出てくれない。領事部の受付担当者が怖い、などなど。

なんか緊張、、。

スポンサーリンク

 

キューバのツーリストカードを簡単に取得する方法

申請窓口で文句を言われないよう、私は下記を完璧に準備していきました。

  1. 申請用紙をキューバ大使館領事部ウェブサイトよりダウンロードし、プリントして必要事項を記入。(ページ左のFormsのVisa application formから記入フォームを表示)
  2. 貼付け用の5㎝×5㎝の顔写真を準備。(デジカメ画像を加工して家庭用プリンターで印刷したもので大丈夫でした。)
  3. パスポートの顔写真のページのコピーを取る。(申請時はパスポート本体も必要。)
  4. 往復の航空券の予約確認書をプリント。(購入後メールで送られてきた日程表で大丈夫でした。)
  5. 宿泊先の情報をプリント。(Casa particularカサパルティクラルという認可制民泊の名前と住所の入った書類で大丈夫でした。)
  6. 書類をまとめてホチキス止め。(これも指示されています。)
  7. 申請費用2,100円ピッタリ用意。(他人の代理申請と郵送申請の場合は5,600円

※申請書は下記のようにパソコンで打ち込んで印刷できます。内容はダミーです。

f:id:travelart:20170523223929j:plain

私がキューバ大使館領事部を訪れたのは、月曜日の午前9時45分頃。すでに先客が2人いました。書類を提出しようと窓口に行くと、そこでは全く怖くない、品の良さそうな女性が応対してくれました。職業欄の下の空欄に勤務先と電話番号を書くよう指示されましたが、他は特に問題なし。

その後、フィリピン人観光客の家族連れが申請に来たり、問い合わせの電話がかかってきたり、その女性が一人で応対していたので大変そうでしたが、私が申請してから約20分でツーリストカードをもらうことができました。

窓口の横には、記入用の申請用紙が置いてあり、そこで書くこともできます。文房具は一通り置いてありましたが、場所が狭く、ボールペンのインクも出が悪かったりするので、事前に書類一式準備して行ったほうがいいと思います。

申請書類の変更のお知らせが建物の入り口に貼ってありました。ここで知らされても、、。やはり事前にしっかりと調べ、準備しておくことが重要です。

f:id:travelart:20170523221215j:plain

午前10時を過ぎた辺りから領事部に来る人が増えてきましたので、できるだけ10時前に行ったほうがいいと思います。また申請の時期ですが、ゴールデンウィークや年末年始の直前は申請が殺到するようなので、それらの時期を避けるとスムーズに取得できるようです。ツーリストカードに使用期限は無いので、早めに取得しておいてもいいですね。

また事務所内には利用者のためのトイレは無さそうでしたので、地下鉄の最寄りの赤羽橋駅で済ませるか、領事部の入る建物向かいの飯倉公園の公衆トイレを利用することになるかと思います。

さぁこれでツーリストカードはOK!その他の準備も進めながら、キューバ一人旅ブログも開始です~。

スポンサーリンク