TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

驚異の超絶技巧を美術館と迎賓館で見る!

まずは日本橋で美術展を見学

2017年9月16日から12月3日までの間、東京日本橋の三井記念美術館で開催中の「驚異の超絶技巧!」展を見てきました。

f:id:travelart:20170923203556j:plain

2014年に開催され、大好評だった美術展の続編ともいえる今回ですが、土曜日のお昼頃でも大きな混雑はありませんでした。でも前回よりも来場者が多かったような気がします。

今年の初めに「並河靖之七宝展」という展覧会もあったりして、最近明治工芸の人気が再燃してきていますね。

f:id:travelart:20170923191734j:plain

(美術展絵葉書より)

これは現代作家の作品ですが、皿も秋刀魚も一本の木から彫られているんですと。。アイデアが凄すぎ。今回は明治工芸から現代アートまで展示しています。

会場では、ガラス張りの向こうに作品が並んでいるので、つい夢中になって細かい部分を見ようとして、顔や頭をガラスにぶつけている人がたくさんいました。注意書きもあるほど。

私は美術展の必須アイテム「単眼鏡」を持って行ったので、ガラスに顔をぶつけずに、細かい技をじっくりと見ることができました。顔をぶつけたくない人には単眼鏡がおススメです(笑)

七宝、象牙彫刻、木彫、金工、陶磁など、超人技を持って制作された数々の工芸品を単眼鏡を使って見ていると、結構時間がかかるものです。今回も一通り見学するのに約2時間かかりました。

七宝つながりで迎賓館赤坂離宮へ 

私は七宝が好きなので、美術展では「並河靖之」と「濤川惣助」という二人のナミカワによる七宝作品をじっくりと見てきました。ライバルとしてよく取り上げられる二人です。

そして濤川惣助といえば、迎賓館赤坂離宮に飾られている七宝32点が有名です。ということで、美術館から迎賓館へ移動。 

現在の迎賓館は、事前予約無しで本館と主庭の見学が可能です。ただし見学不可の日もあるので、公式サイトでの事前確認が必要です。

f:id:travelart:20170923204131j:plain

f:id:travelart:20170923204711j:plain

入り口では案内マップと見学できる部屋の解説パンフレットをもらえます。そして空港の手荷物検査のような所を通過して、入館料1,000円のチケットを購入。

濤川惣助の七宝作品は、本館の「花鳥の間」の壁に30点、見学不可の「小宴の間」に2点飾ってあるのですが、問題が一つ。この迎賓館赤坂離宮は美術館ではないので、作品名が掲示されていないのです。

でも作品のタイトルぐらいは知りたいよなぁと思い、作品集などが売っていないか事前に調べました。すると、茜出版という会社が迎賓館のガイドブックや、濤川惣助の七宝を完全収録した図録を出していることがわかりました。

しかしこれ、本屋やamazonなどでは販売していません。迎賓館の休憩所内の売店で買うか、出版社から直接買うしかないのです。

f:id:travelart:20170923210306j:plain

そして私は現地の売店へ。あまり商売っ気が無いのか、この売店は、本館入場口とは反対方向の、結構奥まった事務棟の休憩所のさらに奥に地味にありました。これじゃあ、なかなか気づかれないのでは。。。案内掲示も超地味だし。

見学後にお土産として写真集を買うのもいいと思いますが、先に買って読みながら見学する方がより楽しめるのではないかと思います。

ということで、私は入館前に「七宝の美」という図録を買いました。1,500円。

f:id:travelart:20170923210344j:plain

f:id:travelart:20170923210356j:plain

持ち運びに困る大きさではありません。これで、花鳥の間の30作品のタイトルを確認しながら鑑賞できました。

各部屋では鑑賞用の通路が柵で区切ってあって、七宝作品の目の前までは行けなくて結構距離がありました。なので、ここでは美術鑑賞用の双眼鏡PAPILIOIIが役立ちました。豪華な天井画やシャンデリアを見るのにも使えましたよ。双眼鏡を使う人は結構いるみたいです。

f:id:travelart:20170923213805j:plain

まぁ、双眼鏡のPAPILIOIIが一つあれば足りるんですけどね。

こんな感じで、今日は明治の超絶技巧を堪能した一日でした。

旅行で役立った100均アイテムまとめ

あれば何かと役に立つさ

無くても何とかなるけど、あれば便利なアイテム。先日のキューバ旅行で役に立ったものをまとめてみました。

S字フック

トイレで荷物を置く場所がないときや、大きなリュックを掛けたいとき、荷物が多い時など、ドアにこのS字フックを掛ければ大丈夫。

f:id:travelart:20170910093135j:plain

100円ショップ「セリア」で販売しているこのタイプが一番かさばらないと思います。耐荷重5㎏。私は各バッグに1個ずつ入れてます。

f:id:travelart:20170910093340j:plain

 

図面とかを入れる筒です。これはダイソーで300円。キューバでは、カッコいいデザインのポスターがたくさん作られていて、お土産として持ち帰りたかったのでスーツケースに入れて持参しました。

f:id:travelart:20170910093853j:plain

結果、大正解でした!今回はポスターを3枚買って、丸めて綺麗に持ち帰ることができました。

f:id:travelart:20170910094931j:plain

フィデル・カストロって絵になりますね~。

f:id:travelart:20170910095008j:plain

右の絵はパリのモンマルトルで買ったもの。モンマルトルでは持ち運び用の筒も売っています。

 

おしりふき

ウォシュレットに慣れてしまったヤワなお尻用です。携帯ウォシュレットより安くて、持ち運びも楽です。ウェットティッシュのようなアルコールではなく、純水使用なのでちょっと汚れた靴やバッグを拭いたりもできます。

f:id:travelart:20170910100528j:plain

 

泡立ちタオル

宿に備え付けの石鹸は小さくて、泡立ちがイマイチなことが多いので、このタオルを使いました。普通のタオルより絶対こっちをおススメします。

f:id:travelart:20170921224353j:plain

 

ダブルクリップ

食べかけのお菓子の袋を留めるために使います。バッグに1個入れておくと何かと便利。しかし、ダイソーのクリップ100円で多すぎでは?

f:id:travelart:20170921224422j:plain

 

つづり紐

空港やレストランのトイレの扉の鍵が閉まらないことが何度かありました。そしてなぜか自然に開く扉。鍵の金具はあるのにロックできない、そんな時に縛ってやります。そうすれば、安心して用を足せるというもんです。

f:id:travelart:20170921224450j:plain

 

ミニライト

夜間にタクシー料金を支払う際、暗い手元を照らしてお金をいくら渡したかをしっかり確認できます。払った、払わないの揉め事は避けたいものです。小さいものでも十分役立ちます。

ドミトリーで他の人が寝ていて、部屋の電気を点けたくないときにも役立ちますね。

f:id:travelart:20170910100638j:plain

 

用途がピンポイント過ぎる気もしますが、まぁあれば役に立つということで。

 

スポンサーリンク

 

映画「ゴッホ最期の手紙」TOHOシネマズで11月3日公開!

愛か、狂気か。

TOHOシネマズで全国順次公開予定の「ゴッホ最期の手紙」

待ちに待った映画です。やっと公開日も分かりましたね。2017年10月20日の金曜日!

※訂正です!公開日が11月3日(金)に変更になったようです。また、11月4日に開館するTOHOシネマズ 上野のオープニング作品となるとのこと。

 

オール油絵という世界初の映画。制作に長い時間がかかりました。大変だったことでしょう。

もう、本編の最後にメイキングシーンも盛り込んじゃっていいのでは、と思いますよ。ジャッキーチェンの映画みたいに。

公開の日に行っちゃいますね。そのために前売り券も買っちゃいましたもんね。

インターネットで座席指定ができるムビチケカード。

f:id:travelart:20170913194935j:plain

券面のデザイン、カッコいいです。 

このデザインのポスターが欲しい。。映画館のショップで売ってますかね。売ってなかったら公式サイトで買おうかなぁ。海外発送なので、送料込みで倍ぐらいの値段になっちゃうけど。。

現在北海道で開催中の「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」。この後、東京と京都へも巡回します。「ゴッホ最期の手紙」と合わせてこの展覧会も見に行きましょう!

無料で聴講できる講演会も開催されますので要チェックです。

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」関連文化講演会 荒川区公式ホームページ

 

 

スポンサーリンク