TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

上野の「プーシキン美術館展」は混雑無し。グッズはロシア雑貨多し。

フランス風景画をゆっくりと鑑賞

2018年4月14日(土)から7月8日(日)までの間、東京・上野の東京都美術館で開催中の「プーシキン美術館展」を見てきました。

f:id:travelart:20180416215135j:plain

日曜日の12時ごろに着きましたが、チケット売り場も会場入り口も混雑は無し。会場内もゆったりとした展示で、ストレスなくゆっくりと見ることができました。

フランスの街や田舎、農場などの風景を静かに楽しめます。特に、モネの《草上の昼食》、クールベの《山の小屋》、ブラスカサットの《牛のいる風景》はよく見ておいてください。

なぜなら、ミュージアムショップで販売しているTシャツに、上記作品の一部が原寸大で取り入れられてるからです。なかなかマニアックなデザインとなっていますが、分かる人だけが分かる通好みなTシャツです。

スポンサーリンク

 

ミュージアムショップはロシアン雑貨が豊富

今回のグッズは、マトリョーシカなどのロシア土産、デザインユニット・ツペラツペラさんとイラストレーター・福田利之さんによる描きおろしグッズなど、カワイイものが豊富にありました。

f:id:travelart:20180416222631j:plain

そんな中で、コレクター心をくすぐられたのが、旧ソ連時代のピンバッジ。チェブラーシカと思われるキャラクターと、旧ソ連が製造した4発エンジン機イリューシンIL-62Mのバッジを衝動買い。それぞれ1,620円と1,296円。うっ、、地味に高い。。

なので、今回はピンバッジ2つとロシア語アルファベットのクリアファイル(600円)のみ購入。あれっ、美術展関連のグッズ買ってない!?

もちろん展示されているフランス風景画の絵葉書やマグネット、クリアファイル、タオルなどのグッズやフランスらしいワインのミニボトルなどもありました。ビンテージポスターもあって欲しかったのですが、結構なお値段でしたので断念しました。。

海外の友人と国立劇場で歌舞伎を見てきました

意外と安い歌舞伎観劇料金

ギリシャから友人が来日しており、歌舞伎を見たいと言うので、一緒に行ってきました。実は私も初めて。自国の芸術には無頓着なんですよねぇ。その友人も「パルテノン神殿なんか小学生の時に一度行ったきりだ」と言ってました(笑)どこも同じようなものです。

まずはどんな演目がやっているのかインターネットでチェックしました。歌舞伎といえば歌舞伎座しかないと思ってましたが、国立劇場という場所もあるんですね。初めて知りました。

今回は国立劇場で、この「増補忠臣蔵」と「梅雨小袖昔八丈」を見ることにしました。

f:id:travelart:20180323214801j:plain

国立劇場の料金は、下は1,800円から。意外と安いな、という印象です。国立(こくりつ)だから?演目によって料金は変わるんですかね?ちなみに歌舞伎座の方は4,000円からでした。

特に目当ての俳優がいるわけではなく、外国人がちょっと歌舞伎を見てみたいということなら国立劇場に行く方がお手軽ですね。私たちがネットで購入したのは前日だったため、最安料金は売り切れていて、下から2番目の2,700円の席。

f:id:travelart:20180323215735j:plain

3階10列4番の席からの眺めです。全体を見渡すこともでき、初心者には十分な席でした。双眼鏡を使って見ている人もいました。次行くときは持って行こうと思います。

1階と比べて3階はトイレも空いていたのでよかったです。

歌舞伎鑑賞にはイヤホンガイドがおススメ!

日本人の私にとっても歌舞伎の内容を理解するのは難しいと思ったので、音声ガイドを借りてみました。英語版もあったので、私の友人にはこの英語版を。

f:id:travelart:20180323220306j:plain

受信機と片耳用のイヤホン。使用料は700円。デポジットとして1,000円払いますが、イヤホンガイドを返却すると1,000円は戻ってきます。 

テレビドラマの副音声のように、登場する役者の名前、台詞や演技の意味などを解説してくれるので、とても分かりやすかったです。解説の声も、役者の声や舞台の音などの邪魔にならず、自然と耳に入ってくる感じ。

美術館の音声ガイドと違い、自分で再生や停止などの操作をせず、会場全体に向けて流れている解説放送を受信機で聞く形なので、解説のタイミングは役者の動きとぴったり合っています。

f:id:travelart:20180323222657j:plain

内容について全く知識の無いまま見始めましたが、音声ガイドを聴きながら見終わる頃には大体のストーリーが頭に入っていました。もしこのガイド無しで見ていたら、さっぱり分からなかったと思います。この音声ガイドは絶対おススメです!

英語版は東京の国立劇場と大阪の国立文楽劇場だけで貸し出しているとのこと。やはり海外の友人を連れて行くなら国立劇場ですね。

12時開演で休憩をはさんで16時まで。最初はちょっと長いかなぁと思いましたが、ちょうどいい感じで休憩が入ります。お昼ごはんに食べるお弁当やラーメン、カレーなども安いです。何よりも驚いたのがロッカー。

f:id:travelart:20180323223152j:plain

10円て!忘れ物して10回ぐらい開け閉めしても大丈夫ですね。

ちなみに舞台の幕が一旦閉じて、次の幕が開くまでのうちに食べるお弁当だから「幕の内弁当」と名前が付いたということも今回初めて知りました。

観劇終了後は国立劇場前から出ているバスに乗って渋谷駅へ。漫画が好きな友人は、センター街の「まんだらけ」へ迷わず直行。古本漫画やフィギュアのお店ですが、ここも私は初めて。観光客の方がいろいろ知ってるな、、。

日本のことなのに知らないことが多いなぁ。いろいろ勉強になった一日でした。

スポンサーリンク 

 

上野の「プラド美術館展」混雑はほどほど、展示に問題あり!?

プラド美術館展の展示方法に問題あり

東京・上野の国立西洋美術館で2018年2月24日から5月27日まで開催中の「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」に行ってきました。

f:id:travelart:20180225150625j:plain

会期初日、土曜日の午後3時に上野に到着。上野公園はいつも大賑わいですが、こちらの美術館に大きな混雑は無し。

会場内は空いてはいませんが、行列というほどでもなし。作品を鑑賞するのにストレスは感じませんでした。

ところが、ここでひとつ大きな問題が。

展示作品は大型で迫力があり、素晴らしいものばかりで、絵を見ることに関しては問題ないのですが、傍らに掲示してある作品の解説文の文字が異常に小さいのです。

薄暗い館内で作品には照明が当たっていますが、解説文に照明は無し。小さい文字を暗い場所で、しかも離れて読むという、かなりハードなコンディション。

日本語の下に英語、中国語、ハングルとせっかく4か国語で書いてあるのに、中国語とハングルなんてさらに文字が小さく、一番近いところで体を乗り出してやっと読めるかどうか。

視力1.2の私でも一番近くから目を凝らさないと見えないほどでした。高齢の方々はおそらく読めないでしょう。解説を読むために双眼鏡が必要かもしれません。

文字を大きくして掲示するスペースが無いわけでもないのに、なぜあんなに文字が小さいのか。文字を読まずに済む音声ガイドを利用させたいのか、、。これから会場が混雑するようになったら、解説文はほとんど読んでもらえないのでは、と思いました。

スポンサーリンク

 

プラド美術館展のグッズは種類豊富

f:id:travelart:20180225151323j:plain

目を凝らしながら鑑賞して、所要時間は約1時間半。いつも通りショップではクリアファイルとマグネット、絵葉書を購入。展示作品をモチーフにしたトートバッグ(5200円)やポーチ(3600円)の種類が豊富でした。またシェリー酒やチョコ、スペイン伝統の焼き菓子、生ハムなどもあり、スペイン好きな人は迷ってしまいますね。

そんな中私は、スペイン・ガリシアの伝統菓子「タルタ・デ・サンティアゴ」(540円)を買ってみました。

f:id:travelart:20180225151427j:plain

スペイン王室御用達グルメストア「パステレリア マヨルカ」の焼き菓子です。世田谷と横浜にもお店があり、そこでも買えるようです。

f:id:travelart:20180225154637j:plain

しっとりとしていて、ほんのりレモンとシナモンの香りも加わり、ひとつペロッと食べちゃいました。

「プラド美術館展」は展示作品もグッズも魅力的なのに、解説文の文字サイズだけが残念だったなぁ、という感想を持ちました。

スポンサーリンク