TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

渋谷の安室奈美恵展は混雑していなかった!

絶対に見る価値あり!!

東京・渋谷で、安室奈美恵様引退の9月16日まで開催中の、安室奈美恵展「namie amuro Final Space」を見てきました。

f:id:travelart:20180728004401j:plain

19時入場指定のチケットを予約していたので、18時40分ぐらいに会場入り口に着くと、そこにはすでに入場待ちの列が。

f:id:travelart:20180728004802j:plain

会場内は結構混雑するのかなぁなんて思って並んでいましたが、入場の際は人数制限をしていたので、会場内に大きな混雑はありませんでした。

展示されている衣装も、手が届くぐらい近くからじっくりと見ることができます。ショーケース展示ではなく、洋服屋さんのマネキンぐらいの近さなのです。これが素晴らしい!!

ブーツの皺や、擦れた傷跡、衣装の生地の質感や切り口など、よ~く見えます。え~っこんなとこまで装飾が!?なんて発見もあります。ライブのブルーレイを買っても、ここまで見ることはできません。本当に、この安室奈美恵展は一見の価値ありです。

スポンサーリンク

 

安室奈美恵展のグッズは、、、

これ、いる??みたいのが結構あるんですよねぇ。どれ、とは言いませんが、、。

アーカイブパンフレットは、もはや図鑑並みのデカさでした。確かにこれまでの歴史が刻まれている感じです。CDジャケットを撮影したカメラマンのお話など、裏方の人の話も面白そうでした。

安室奈美恵永久保存版として買っておいてもいいかなぁとも思ったのですが、渋谷から持って帰るのが大変なので、いったん保留。

沖縄展も行く予定なので、欲しくなったら沖縄で買おう。

とりあえず、今回はステッカーを買って、ガチャガチャに挑戦。ガチャガチャは一回500円。ショップのレジで専用メダルを購入してやります。なので、小銭を用意する必要はありません。一人10回までと制限されていました。

f:id:travelart:20180728005147j:plain

ガチャガチャは10台ぐらい並んでいたかなぁ。そんなに待たずにできます。アクリルスタンド63種と缶マグネット57種、マスキングテープ1種がごっちゃになっているので、どこで何が出てくるかわかりません。

私は5回やって、缶マグネット2種、アクリルスタンド3種という結果。PLAYのCDジャケットの缶マグネットを狙っていたのですが、ダメでした、、。沖縄で再挑戦だ。

f:id:travelart:20180728005258j:plain

しかしこれ、ヤフオクでコンプリートセットで出てるんだけど、どうやってゲットしたんだろう??

会場近くで転売ヤーたちが、手分けしてゲットした大量の缶マグネットとアクリルスタンドを床に広げて、内容チェックしているのを見ましたが。。ダブりもあるだろうに、いくらお金使うんだろう。

本当に欲しい人には、オフィシャルショップでコンプリートセット出せばいいのになぁ。

「世界の果てまでイッテQ!」で撮影されたイモトとの2ショット写真も展示!

29日に放送された番組の中で、安室ちゃんとイモトが2ショット撮ってましたね。

しかし、安室ちゃんをすごい場所に連れて行ったなぁ。華西街夜市の金代山産薬膳坊って、、マッサージ店の立ち並ぶかなりディープなエリアですよ。まぁ蛇料理を食べるならここしかなかったか、、。

チャイナドレスを着た安室ちゃんは、本当に神がかってましたね。あれ、特注でしょう。安室奈美恵展見てきたから分かるけど、めちゃめちゃ細いからね、あの御方。

その写真が、東京は7月30日から、沖縄は8月2日から、大阪会場は8月11日から、福岡は8月12日からそれぞれ展示されます。

一緒に写真も撮れるそうなので、これから行く人は要チェックですね!チャイナドレスの安室ちゃんも展示してほしい。

スポンサーリンク

 

東京・上野の「フェルメール展」の入場予約が始まった!

まずは東京開催の予約から。

東京・上野の上野の森美術館で2018年10月5日から2019年2月3日まで、また大阪の大阪市立美術館で2019年2月16日から5月12日まで開催されるフェルメール展の入場予約受付が始まりました。

Johannes Vermeer - De melkmeid

とはいっても全期間ではなく、まずは東京展の10月の入場分のみ。その後の予約受付は下記の通りです。

<11月>11月1日(木)から11月30日(金)
予約販売開始日時:9月1日(土)10:00

<12月>12月1日(土)から12月31日(月)
予約販売開始日時:10月13日(土)10:00

<1月・2月>2019年1月1日(火・祝)から2月3日(日)
予約販売開始日時:11月3日(土)10:00

 

また、展示されるフェルメール作品8点もついに判明しました。

1.≪牛乳を注ぐ女≫(アムステルダム国立美術館)

2.≪マルタとマリアの家のキリスト≫(スコットランド・ナショナル・ギャラリー)

3.≪手紙を書く婦人と召使い≫(アイルランド・ナショナル・ギャラリー)

4.≪ぶどう酒のグラス≫(ベルリン国立美術館;日本初公開)

5.≪手紙を書く女≫(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)

6.≪赤い帽子の娘≫(ワシントン・ナショナル・ギャラリー:日本初公開 ※12月20日(木)までの展示)

7.≪リュートを調弦する女≫(メトロポリタン美術館)

8.≪真珠の首飾りの女≫(ベルリン国立美術館)

なお大阪では展示替えがあって、現在分かっているのは≪恋文≫(アムステルダム国立美術館)が展示されるとのこと。

他の展示作品もガラリと変わるようなことがあったら、東京と大阪両方行かなければいけなくなりますね。≪デルフトの眺望≫来ないかなぁ、、。

スポンサーリンク

 

チケット料金は一般が2500円!!

なんと強気な価格だなぁ、、と思ったのですが、今回のナビゲーターを務める石原さとみさんの音声ガイドが、入場者全員に無料で配布されるのです。

www.sanspo.com

音声ガイドを借りればだいたい500円なので、入場料は2000円といったところでしょうか。石原さとみファンにとっては、500円以上の価値があるかも!?

それでも少々お高めですが、フェルメールの他にピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンなどの作品も展示されるらしいので、内容も充実しているのでしょう!

ちなみに10月14日(日)までに入場する前売日時指定券を購入すると、特製マグネット付ブックマークが付いてきます。

フジテレビダイレクト | フェルメール展 チケット購入特設サイト

私もすでに予約しました。先日の安室奈美恵展の入場予約のようにサイトのダウンなどは無く、販売開始直後からサクサクと進んで購入できました。

セブンイレブン支払と発券を選択しても、別料金はかからず2500円でした。

スポンサーリンク

 

オクトーバーフェスト日比谷のトイレ事情

安心なトイレ

東京の日比谷公園で開催中のオクトーバーフェストに行ってきました。ドイツビールのお祭りということで、ひたすらビールを飲みまくる場所です。

f:id:travelart:20180715222022j:plain

私が行ったのは、土曜日の暑さのピークが過ぎた午後4時半ごろ。会場内はほぼ満席。座る場所を探すのも一苦労でした。

ビールだけでなく、日本酒を販売しているブースもあり、レモンサワーとかもあるので、とにかく楽しく飲めます。おつまみも、ドイツソーセージはもちろん、ピザとかムール貝のワイン蒸し、ローストビーフなどなど、ビールに合うものが盛りだくさん。

f:id:travelart:20180715222230j:plain

ビールをガンガン飲んでいると、つきものなのがトイレ。こういうお祭りのトイレって、仮設トイレで狭くて、汚くて、おまけに行列になるほど混んでたりして、ちょっと嫌なんだよなぁと思ってました。

しかし、このオクトーバーフェストはビールの祭典というだけあり、トイレに関しても大変充実しておりました。

f:id:travelart:20180715222325j:plain

f:id:travelart:20180715222359j:plain

元々、日比谷公園にはいくつか常設のトイレがあるのですが、その常設トイレの前にコンテナのような仮設トイレが複数設置されていて、全く混雑していなかったのです。

会場内に人はたくさんいるのに、不思議なくらいトイレは空いていました。ちなみに日比谷公園内には、松本楼というレストランがありますが、ここのトイレは使用禁止と看板が出ていました。運営側がしっかり管理している感じでしたね。

ビールやフードが美味しいのは、今更私が言うまでも無いほどです。飲み過ぎて泥酔しているような人もいなくて、すごく居心地のいいイベントでした。

奇麗なトイレのおかげで安心してビールを楽しめました。

スポンサーリンク