TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

「横山華山」展は混雑しないうちに見ておいた方がいい!

伊藤若冲以外にもいた幻の天才絵師

東京駅直結の東京ステーションギャラリーで、11月11日まで開催中の「横山華山」展を見てきました。

f:id:travelart:20181013221636j:plain

私は、この横山華山という画家について全く知らなかったのですが、先週末にテレビ番組の「美の巨人たち」で取り上げられていて、興味を持ったのでちょっと行ってみました。

横山華山は、江戸時代までは有名な画家でしたが、その後現在まで忘れられた存在となっているようです。あの伊藤若冲と同じような状況。2018年の美術展を紹介する雑誌にも全く取り上げられていないんです。なんでだろ?

あまり期待はしていなかったので、夕方ちょっこと寄ればいいか、、ぐらいに考えて午後4時半に美術館に到着。東京駅の丸の内北口直結です。チケット売り場も会場内も空いていました。

f:id:travelart:20181013231813j:plain

まず最初に展示されていた作品を見て、自分の考えが間違えていたことに早速気づきました。

画家が9歳のときに描いた《牛若弁慶図》という絵が半端じゃなかったんです。小声で “マジか!” って言っちゃいましたよ。

番組で取り上げられていた《紅花屏風》という作品は、もう本当に感動ものでした。描かれている220人もの人物が、表情豊かで動作もリアルで今にも動き出しそう。見ていて楽しくて、単眼鏡でじっくり見ていたら、この作品だけで20分ぐらいかかりました。

本当に細かいところまでしっかりと描写されていて、この画家の根気に感心しました。伊藤若冲の超絶技能にも驚きましたが、この横山華山にも同じぐらいの驚きを感じました。

残念ながら、この《紅花屏風》は10月14日までの期間限定展示。でもすごいのは他にもありました。

《祇園祭礼図巻》という、上下2巻に分かれている絵巻です。上下巻合わせると30メートルにもなるそう。もう何人の人間が描かれているのか分かりません。1000人超えは間違いない!?

人々の着物の細かい柄や顔の表情まで、30メートルにわたり恐ろしいぐらいの緻密さで描きこまれています。個人的な感想ですが、先日見た横山大観の「生々流転」という40メートルの絵巻より、この横山華山の作品の方がすごいと思いますね。

kazan.exhn.jp

横山華山は絶対に人気が復活すると思います。あの伊藤若冲のように。なので、この展覧会は、空いている今絶対に見ておくべきですね。

私はちょこっと寄ってみるだけのつもりだったのに、結局鑑賞時間が足りなかった!!完全に失敗しました。鑑賞には2時間は必要です。

単眼鏡も必須です。

by カエレバ

スポンサーリンク

 

上野の「フェルメール展」混雑を避けるには予約時間帯の遅めの入場で。

大きな混雑はなし。

東京・上野の上野の森美術館で2018年10月5日(金)から2019年2月3日(日)まで開催中の「フェルメール展」に行ってきました。

f:id:travelart:20181006164012j:plain

この展覧会は、大混雑を避けるため日時指定入場制となっています。私は会期二日目の土曜日、11時から12時半に入場する枠で予約。当日は11時半に美術館に到着すると、入り口前には行列が。。

f:id:travelart:20181006164340j:plain

うわ~やっちまった、、日時指定でもダメかぁ、、と思いましたが、列の進みは早く10分ほどで入場できました。指定入場時間帯の遅めの時間に行ったほうが、待ち時間は短いようです。

10月14日まで、前売日時指定券を購入しておくと、入場口で特製マグネット付ブックマークをもらえます。

f:id:travelart:20181006164455j:plain

入場すると、全員に音声ガイドが配られます。チケット代2,500円に音声ガイド代も含まれています。また作品リストは手のひらサイズの冊子状になっていて、各作品の解説が載っています。

会場内はやはり混んではいましたが、作品が見えないほどではありません。少し待てば、しっかりと近くから鑑賞することができました。作品の解説を手元のリストで読めるので、作品横の解説掲示に近づいて読む必要がなく、これも混雑の緩和に役立っていました。

f:id:travelart:20181006165434j:plain

一部狭くて、満員電車状態の場所もありますが、メインのフェルメールルームは広く取ってあるので、大混雑にはならないと思います。

入場は時間指定制でも、退場時間は自由です。展示作品数は50点ほどと多くはないので、ゆっくり見て回っても1時間20分ほど。なので、会場内の人の流れも良い感じでした。

日時指定入場により、混雑がうまくコントロールされている印象でした。

音声ガイドは良かったんですが、私は事前にフェルメール展特集の本を読んで行ったので、ほとんど知ってる内容でした(笑)

今回展示される作品以外の情報も豊富に載っているので、おススメの解説本です。

f:id:travelart:20181006173141j:plain

by カエレバ

フェルメール展のグッズは「牛乳を注ぐ女」推し!

f:id:travelart:20181006171732j:plain

もちろん絵葉書やマグネットには他の図柄もありますが、グッズデザインのメインは「牛乳を注ぐ女」です。私が購入したのは、絵葉書(120円)、マグネット(550円)、クリアファイル収納ホルダー(1500円)と牛乳を注ぐミッフィー(小)(2592円)です。

特にクリアファイル収納ホルダーは嬉しい!溜まってるんですよ、これまでに買ったクリアファイルが。これに入れて保管しよう!

他にも最近流行の、作品の図柄缶入りチョコとかキャンディ。Tシャツはデザインがそのまんま過ぎて、ちょっと着づらいかなぁ。

www.vermeer.jp

1月9日(水)から展示替えで、「取り持ち女」が展示されるのでもう一回行くことにします。

スポンサーリンク

 

ルーブル・アブダビのサルバトール・ムンディの公開が延期に!

レオナルド・ダ・ヴィンチの500億円作品が公開延期

2018年の9月18日に公開予定だった、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品「サルバトール・ムンディ」ですが、ここで公開延期となってしまいました。

www.theguardian.com

詳しい理由は発表されていません。

アブダビの新聞によると、新たな公開予定日は、ルーブル・アブダビの開館1周年となる11月1日となるのでは、とのことです。

Louve Abu Dhabi

(ルーブル・アブダビの外観)

まだ「作品の大部分はダビンチの助手のベルナルディーノ・ルイーニが手がけた」なんて意見もあるそうで、なかなか簡単にはいかない事情がありそうですねぇ。

でも、早く見たいな。。

ルーブルといえば、あの門外不出のモナリザがフランス国内の美術館を巡回するという話もあるとか。

代わりにモナリザがルーブル・アブダビに行っちゃったりして!?

www.theguardian.com

スポンサーリンク