TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

アエロフロートのフライト遅延と荷物遅延に対する補償対応策

アエロフロートは頻繁に遅れる⁉

今年の夏休みはギリシャに行ってきました。私が選んだ航空会社はロシアのアエロフロート航空。成田からモスクワを経由してアテネまで行く便です。

f:id:travelart:20190727022428j:plain

 

選んだ理由はずばり価格。一番安かったからです。そしてフライトの時間帯も昼発でちょうど良い。ということで、迷わずに購入したんですね。

 

そして購入後あることに気づいたんです。トリップアドバイザーの口コミとかで、このアエロフロートの評判がすこぶる悪いことに。

 

乗り継ぎ便を利用する際、モスクワでの乗り継ぎ時間が短いと、最初の便が遅延することによって、次の便に乗り継げないということがよくあるとか。

 

モスクワの空港では、トランジットの際パスポートと手荷物のチェックがあり、その場所が大勢の客でごった返しカオス状態となっているため、ここを通り抜けるだけでも相当時間がかかるとのこと。またターミナル間が異常に遠く、歩いて15分から20分もかかると。それで乗り継ぎ便を逃す人が多発しているらしいのです。

 

まずい、、。アテネから帰りの乗り継ぎ時間が1時間40分しかない。先に調べとくんだった、、。と、思っても後の祭り。

 

フライトの時間を変更しようかと旅行会社に連絡してみましたが、変更費用は約4万円もかかると言われ断念。

 

また、人間は無事に目的地まで辿り着けても、預けた荷物が辿り着かないということも頻発しているらしいのです。

 

旅先で荷物無しはキッツイよな~。

 

ネット上の口コミを読めば読むほどテンションが下がってきました。でもまぁ仕方ない。できる限りの準備をしていこうと、いろいろ考えてみました。

アエロフロートの乗り継ぎ対策

1.私はEconomy Classicという座席クラスで購入していたので、事前座席指定ができました。なので、最初の便の座席をできるだけ前方の通路側にして、到着次第すぐに降りられるように準備しました。

 

2.モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港のトランジットの状況を調べました。パスポートチェック場は混乱し、誰も列を守らず、ずうずうしいヤツが先に抜けられるということが分かり、心の準備をしておきました。

 

3.ターミナル間を歩いて移動するため、空港マップを眺め、YouTubeで空港の動画を見てシミュレーションしました。

 

4.乗り継ぎ便を逃した場合、代わりの便を自腹で買うはめになったり、空港内のホテルに泊まることになったり、予想外の出費が考えられます。また預け荷物が届かない場合も、現地で旅行中必要なものをそろえるため、かなりの出費となるでしょう。

 

そこで私は、航空機遅延費用(Flight Delay)と寄託手荷物遅延(Baggage Delay)の補償がある旅行保険に加入することにしました。

 

航空機遅延費用は、航空機が遅れて乗り継げなかった場合、代わりの便の購入費や宿泊費、食事代などが3万円を上限に補償されます。

 

寄託手荷物遅延は、荷物が現地に届かなかった場合、旅行中に必要な衣類や生活必需品の購入費が10万円を上限に補償されます。

f:id:travelart:20190727022610j:plain

 

旅行保険をいろいろ比較した結果、一番条件が良かったエイチ・エス損害保険の「たびとも」という保険に加入しました。ネット上で事例が細かく出ているので、分かりやすかったです。

 

アエロフロートの口コミで特に多いのが、フライト遅延や預け荷物の遅延による損害に対する補償がほとんど無いということなんです。クレームを言うために電話をかけても全くつながらない。メールの返事も全くない、などなど。

 

それであれば、しっかりと保険に加入して、航空会社による補償には最初から期待せず、何かあれば保険会社に連絡する方が良いと思うんですよね。

 

私もここまで準備をすると、かなり気が楽になっていました。

 

さて実際のアエロフロートはどうだったのか。次回は実際に搭乗し、乗り継いだときの状況を書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

旅行カメラPENTAX K-30が壊れたのでSONYのミラーレスに買い替えた

K-30のオートフォーカス故障

これまで旅行のお供として大活躍してくれていたPENTAX K-30。7月に予定しているギリシャ旅行でも持って行く気まんまんでした。

f:id:travelart:20190621231605j:plain

ボディカラーも形も、撮れる画もすごく気に入っていました。

 

でも、このところなんだかピントが合っていない気がしたので、新宿にあるリコーのサービスセンターに持って行きました。旅行前にちょっと見てもらって、ピントの調節をしてもらおうと、、。

 

ところがその診断結果は、「本体のオートフォーカスの故障」。

 

しかも、このK-30はすでに部品の保有期間が終わっていて、修理代を払って修理に出しても直せるか分からないと。最悪、分解してみて部品が調達できなかったらバラバラのままお返しすることになると。。。

 

サービスマンの方が、真顔で面白いことを言ってくれました。。。(泣)

 

旅行直前になんてこった‼

 

対応策としては、このK-30を下取りし、後継機であるK-70を大幅値引きで出してくれると。提示された価格は、価格.comの最安値よりも大分安いものでした。

すぐには決められなかったので、保留にして一旦帰宅。

 

K-70はいいカメラなんだけど、もう3年前のモデルなんだよなぁ。防塵防滴ってあれば心強いけど、これまであまりそういう場所で撮らなかったかも。。うーん。

 

などと悩みながら、後日ヨドバシアキバを物色していると、見つけてしまいました。最新のソニーのミラーレス。α6400。センサーサイズは同じAPS-C。K-30よりもかなりコンパクトでチルト式モニターつき。旅行中の街歩きに良さそう。

しかも15000円のキャッシュバックキャンペーン中。

 

完全に心を持って行かれ、買ってしまいました。旅行前に痛い出費です。でも中途半端なものを買うより、一番欲しいものを買う方がいいでしょう!

 

スポンサーリンク

 

ソニーα6400とその他付属品も揃えたぞ

f:id:travelart:20190621232104j:plain

ヨドバシアキバで交渉して、なかなかいい値段で買うことができました。10%ポイントも含めると結構安くなりました。

こうなったら、付属品も一気に揃えたる!

f:id:travelart:20190621232623j:plain

液晶保護フィルム、ダブルズームキットを買ったので保護レンズフィルター二つ。これらはカメラを買った時のヨドバシポイントで購入。

 

f:id:travelart:20190621232659j:plain

予備互換バッテリー。Amazonで評判の良さそうだったもの。

 

f:id:travelart:20190621232725j:plain

カメラケース。α6400専用で、これもAmazonで評判が良かったもの。中国の深圳のメーカーが作っているPUレザーの製品ですが、造りが細部までしっかりしてます。縫製も完璧。あなどれん。

 

f:id:travelart:20190621232807j:plain

ネックストラップ。ちょっと遊びを入れてみようと、カワイイ感じのものを。幅広で、肌触りも良く、首のまわりも痛くなりにくいです。

これで装備はOK牧場!あとは旅行前に撮影の練習をしなければ。

出費が痛い。。。

 

スポンサーリンク

 

アジアンフィットのサングラスでも合わない場合は

アジアンフィットなのにしっくりこない

以前、こんな記事を書きました。

travelart.hatenablog.com

このように、私はいつもサングラスを買うときはアジアンフィットのタイプを、しっかりお店で試着して「いい感じ」だと確認して買っています。

 

ところが、しばらく着用しているとなんだか違う感じがしてくるんです。お店では問題ないと思ったのに、長時間かけているとやっぱりサングラスがずり落ちてくる。

 

おかしいな~、と気になりだすと、もうダメです。良い対処法が無いか検索してみましたが、なかなか「これだ!」という方法がありません。

 

1.シリコン製の鼻あてを買ってつけてみる。

カッコ悪い

2.ツルの部分にストッパーをつける。

→これもカッコ悪い

3.諦めて新しいのを買う。

→ほぼこれに決まりかけていました。

しかし、続けていろいろ探していたら、私の悩みを完璧に分かってくれている「日本メガネ」というメガネ屋さんを発見しました。

 

そのメガネ屋さんは、オークリーのような鼻あての調節ができないサングラスでも、持ち主の顔に合わせて鼻あてに樹脂を盛り、フレームを顔幅に合わせて調整してくれるのです。

 

実際にお店に行く必要がありますが、顔とサングラスのバランスをしっかり見てもらい、完璧な形に調整してくれますので安心です。

 

スポンサーリンク

 

オークリーの鼻あて樹脂盛りをした結果

これが私が持っているOakley Sliver XLのアジアンフィットの元々の鼻あての状態。

f:id:travelart:20190608000801j:plain

そしてこれが、樹脂盛りを施したOakley Sliver XLの私専用モデル。

f:id:travelart:20190608000857j:plain

表面の仕上げは、フレームの他の部分に合わせてマットブラックになっていて、自然な感じになっています。

 

もちろん、かけ心地は抜群に良くなっています。

 

長時間着用していてもずり落ちてきません!これは感動ものです!!

 

料金は、フレームの幅調整と樹脂盛り合わせて12,000円(税別)。17,000円で買ったサングラスを12,000円かけてカスタムしました。

 

安くはない。

 

でも、お気に入りのサングラスが顔にピッタリ完全自分仕様になって、全くずり落ちてこないので気分もすごくいいです。

これから大事に長く使って、その間の快適な時間も買ったと思うことにしよう!

 

この鼻あて樹脂盛りはおススメです。お金を貯めて、もう一本あるオークリーもカスタムしようと思っています。

 

スポンサーリンク