TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

上野の「ムンク展」混雑を避けるなら金曜日の夜がおススメ。

金曜日は午後8時まで開館

東京・上野の東京都美術館で2018年10月27日から 2019年1月20日まで開催中の「ムンク展」に行ってきました。

「ムンク展」はまだ始まったばかりですが、すでに会場内は混雑していて、グッズ売り場も大混雑という情報も出ていたので、金曜日の夜間延長時間を狙って行きました。

美術館に到着したのは午後6時。チケット売り場も入場口も混んでいませんでした。

f:id:travelart:20181102231130j:plain

ムンクの《叫び》は超有名ですが、その他の作品についてはあまり知らなかったので、今回も音声ガイドを借りてみました。

福山潤さんという声優さんがガイドしてくれます。さすがプロの声優さん。福山さんの声は聞きやすくて作品に集中できます。ただ解説をするだけでなく、ムンクの心の声を代弁してくれる感じのガイドなので、記憶に残りやすくて、とても良い音声ガイドです。

f:id:travelart:20181102232123j:plain

会場内は、各作品の前に5~6人が留まっている程度。大きな混雑は無く、ゆっくり自分のペースで回れます。

さすがにメインの《叫び》の前には、鑑賞の列ができていましたが、それでも40人程度。すぐに順番が回ってきて、一番近くからじっくり見ることができます。

展示作品数は全部で101点。これのほとんどがムンク作品です。《叫び》以外にも良い作品がたくさんあって、ムンク展の名にふさわしい、盛りだくさんの内容です。予想外のボリュームでした。

by カエレバ

「ムンク展」のグッズも種類豊富で楽しい!

「ムンク展」のミュージアムショップは、レジ待ち数十分なんてこともあるようですが、金曜日の閉館間際では、待ち時間ゼロでした。

アイテム数はかなり多く、Tシャツは公式サイトで紹介されているBEAMSとのコラボ品以外にもたくさんありました。4800円ぐらい。

マグネットや缶バッジ、ミニタオル、手ぬぐい、ムンク作品のミニキャンバス、トートバッグ、エコバッグ、お菓子、ジャム、ノルウェーのお酒などなど。基本は《叫び》デザインです。

f:id:travelart:20181102232107j:plain

私は今回、絵葉書(各150円)とミニタオル(600円)、そして《叫び》の空気人形(1280円)を買いました。空気人形は下部分に重りが入っていて、膨らますと自立します。こういうグッズは面白くて買っちゃいますねぇ。

ポケモンコラボグッズは、クリアファイルが何種類かありましたが、その他は売り切れの模様。みんなポケモン好きなんですね~。

最後出口付近にピンバッジなどのガチャガチャがあります。300円なので、欲しい人は100円玉を用意しておいた方がいいですね。

作品鑑賞とグッズのお買い物までで、所要時間はちょうど2時間でした。

スポンサーリンク

 

上野の「ルーベンス展」グッズの目玉は高級ブランケット

今のところルーベンス展の混雑は無し

東京・上野の国立西洋美術館で、2018年10月16日(火)から2019年1月20日(日)まで開催中の「ルーベンス展」を見てきました。

f:id:travelart:20181020233651j:plain

平日でも混雑しているとの情報があったので、今回は土曜日の夕方狙いで。金曜日と土曜日は午後8時まで開館しているので、午後5時半に美術館に到着。チケット売り場もロッカーも空いていました。

会場内も空いていて、迫力ある大画面のルーベンス作品を右から、左から、近寄ったり、遠ざかったり、いろいろな角度で堪能できました。大型の作品が多いので、会場レイアウトも広く作ってあり動線がスムーズでした。

今回の音声ガイドのナビゲーターは長澤まさみさん。

f:id:travelart:20181020233200j:plain

落ち着いた声で、作品に集中できてよかったのですが、言い慣れていない言葉などはどうしてもたどたどしい感じになってました。途中、美術館研究員の方による特別解説も入っているのですが、やはり専門家の説明は全てが聞きやすい。

長澤まさみさんは好きな女優さんですが、音声ガイドはやはり専門家が担当した方がいいのではないかなぁ、とも思いました。それか、評論家の山田五郎さんみたいな人が、ウンチクたっぷりに「ぶらぶら美術・博物館」みたいにやるとか、、。

展示作品数はそんなに多くないのですが、何しろ作品が大きいので隅々までじっくり見ていると結構時間がかかります。ベルニーニの彫刻とかもあって、見どころ満載です。今回の所要時間は約2時間でした。

by カエレバ

ルーベンス展のグッズは高級品が多くて手が出ない!?

グッズで驚いたのは、《パエトンの墜落》という作品が描かれた大型ブランケット。目玉商品です。少し長めのフリースのような表面ですが、そのお値段7,350円!暖かそうではありましたが、ちょっと手が出せませんでした。4,000円ぐらいなら買ってたな。

Peter Paul Rubens - The Fall of Phaeton (National Gallery of Art)

《パエトンの墜落》

上の図柄のブランケットをベルギーに行って使えば目立つこと間違いなし!?

他には、ベルギーのゴブラン織のバッグや小物入れ、アクセサリーなどなど。こちらも数千円は行く結構いいお値段。よっぽどのベルギーファンなら買うだろうなぁ。

また、ベルギーといえばベルギービールも豊富にありました。そういえば、展覧会の入場チケット半券提示で、“ベルギービール2杯目無料”のキャンペーンを開催している店もあるとか。

スポンサーリンク

 

「横山華山」展は混雑しないうちに見ておいた方がいい!

伊藤若冲以外にもいた幻の天才絵師

東京駅直結の東京ステーションギャラリーで、11月11日まで開催中の「横山華山」展を見てきました。

f:id:travelart:20181013221636j:plain

私は、この横山華山という画家について全く知らなかったのですが、先週末にテレビ番組の「美の巨人たち」で取り上げられていて、興味を持ったのでちょっと行ってみました。

横山華山は、江戸時代までは有名な画家でしたが、その後現在まで忘れられた存在となっているようです。あの伊藤若冲と同じような状況。2018年の美術展を紹介する雑誌にも全く取り上げられていないんです。なんでだろ?

あまり期待はしていなかったので、夕方ちょっこと寄ればいいか、、ぐらいに考えて午後4時半に美術館に到着。東京駅の丸の内北口直結です。チケット売り場も会場内も空いていました。

f:id:travelart:20181013231813j:plain

まず最初に展示されていた作品を見て、自分の考えが間違えていたことに早速気づきました。

画家が9歳のときに描いた《牛若弁慶図》という絵が半端じゃなかったんです。小声で “マジか!” って言っちゃいましたよ。

番組で取り上げられていた《紅花屏風》という作品は、もう本当に感動ものでした。描かれている220人もの人物が、表情豊かで動作もリアルで今にも動き出しそう。見ていて楽しくて、単眼鏡でじっくり見ていたら、この作品だけで20分ぐらいかかりました。

本当に細かいところまでしっかりと描写されていて、この画家の根気に感心しました。伊藤若冲の超絶技能にも驚きましたが、この横山華山にも同じぐらいの驚きを感じました。

残念ながら、この《紅花屏風》は10月14日までの期間限定展示。でもすごいのは他にもありました。

《祇園祭礼図巻》という、上下2巻に分かれている絵巻です。上下巻合わせると30メートルにもなるそう。もう何人の人間が描かれているのか分かりません。1000人超えは間違いない!?

人々の着物の細かい柄や顔の表情まで、30メートルにわたり恐ろしいぐらいの緻密さで描きこまれています。個人的な感想ですが、先日見た横山大観の「生々流転」という40メートルの絵巻より、この横山華山の作品の方がすごいと思いますね。

kazan.exhn.jp

横山華山は絶対に人気が復活すると思います。あの伊藤若冲のように。なので、この展覧会は、空いている今絶対に見ておくべきですね。

私はちょこっと寄ってみるだけのつもりだったのに、結局鑑賞時間が足りなかった!!完全に失敗しました。鑑賞には2時間は必要です。

単眼鏡も必須です。

by カエレバ

スポンサーリンク