TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

ダ・ヴィンチの「サルバトール ムンディ」が競売に!

クリスティーズで11月15日に出品

レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の名作「サルバトール ムンディ」。

Leonardo da Vinci or Boltraffio (attrib) Salvator Mundi circa 1500

2011年にロンドンのナショナルギャラリーで初公開されて、大きな話題を呼んだ作品です。

現在ロシア・サンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館にある「ブノワの聖母」が1909年に発見されて以来の、ダ・ヴィンチ認定作品とのこと。

この「サルバトール ムンディ」の絵のサイズは64.5x44.7cm。ルーブル美術館のモナリザが77cm×53cmなので、モナリザより少し小さいようですね。

美術館で展示するとなると、大変な混雑の中見ることになりそう。

 

travelart.hatenablog.com

 

この世紀の大発見作品が、11月15日にニューヨークのクリスティーズで競売にかけられると!いくらの予想ですって?112億?

個人ではなくどこかの美術館が落札してくれ!そうじゃないと、一般の我々が見られない~。日本の国立西洋美術館よ頑張れ!

ZOZO TOWNの前澤社長は、以前ジャン=ミシェル・バスキアの絵画を約123億円で落札したそうだから頑張ってくれないかな~。そして千葉に前澤美術館でも作って展示してくれたら、もう何度も通っちゃうけどな。

個人落札でも、公開してくれる人だといいですね。

クリスティーズのサイトで、この作品の来歴とか、修復の際の発見とか詳しく書かれています。

www.christies.com

 

 

スポンサーリンク

 

茨城・しもだて美術館のミュシャ展を見てきた

混雑していない穴場のミュシャ展

茨城県・筑西市のしもだて美術館で、9月30日から11月26日まで開催中の「アルフォンス・ミュシャ展」を見てきました。今年の6月に東京・青山の伊藤忠青山アートスクエアで開催された美術展の巡回展のようですね。

f:id:travelart:20171008184323j:plain

天気も良かったので、ドライブがてら茨城へ。この辺りは道が渋滞していないのがいいですね。距離的にもちょうど良い感じ。

日曜日のお昼過ぎに着きましたが、美術館の入っているアルテリオという建物の駐車場も空いてました。

今回のミュシャ展は、ポスターや雑誌の表紙、挿絵、商品パッケージなど「ミュシャといえばコレ!」といった、分かりやすいミュシャ展です。

f:id:travelart:20171008184837j:plain

しかも会場内はフラッシュや自撮り棒などを使わなければ撮影可。展示作品数も結構多くて、内容の濃い美術展です。私の好きな「モナコ・モンテ・カルロ」もあった!

f:id:travelart:20171008185202j:plain

混雑していないので、好きな作品の前で好きなだけ眺めることができます。珍しい作品もありましたよ。

f:id:travelart:20171008190619j:plain

舞台衣装のデザインを集めた書籍から「イザナギのみこととイザナミのみこと」の衣装。言われなければ、ミュシャ作とは分からないなぁ。

f:id:travelart:20171008191016j:plain

あ~こういうパッケージでお菓子を売ってたら絶対買うのになぁ。プラハのミュシャ美術館に行けば売ってるのかなぁ。なんてことを考えていたら、ここのミュージアムショップにありましたよ。

f:id:travelart:20171008191217j:plain

「夢想」をパッケージにしたチョコ!食べ終わったら筆記用具入れとして使おう。他にもポスターやトートバッグ、スタンプ、マスキングテープ、クリアファイル、タオルなどなど盛りだくさん。中でも絵葉書は、今まで見たことないぐらい種類がありましたね。

f:id:travelart:20171008192149j:plain

今回私はチョコ(1,200円)、B2ポスター(1,000円)、タオル(700円)、チケットホルダー(300円)を購入。ミュシャ展に行くといつも散財しちゃうんだよなぁ。

f:id:travelart:20171008192613j:plain展示作品は充実、グッズも豊富なこのミュシャ展はおススメです!

しもだて美術館

 

スポンサーリンク

 

オダギリジョーの「エルネスト」を見てきた

キューバについて少し知ってから見たい

日本とキューバの合作、オダギリジョー主演の映画「エルネスト」を見てきました。

f:id:travelart:20171007222330j:plain

キューバ革命の英雄チェ・ゲバラがキューバを離れ、ボリビア軍事政権に立ち向かうゲリラ部隊を立ち上げ、その部隊に参加した日系ボリビア人のお話。

ストーリーのメインはチェ・ゲバラではなく、この日系人フレディ前村という人物です。なので、チェ・ゲバラが何者なのか、当時のキューバの状況やアメリカとの関係などなど、そちらの細かいお話は出てきません。

キューバ革命やキューバ危機、チェ・ゲバラという人物について、事前にある程度知ってから見ると、この映画の理解度が高まると思いました。

f:id:travelart:20171007225255j:plain

私は今年の夏キューバを旅行しました。行く前に少しでもキューバを知っておこうと、ベニチオ・デル・トロ主演の「チェ 28歳の革命」と「チェ 39歳 別れの手紙」のDVDなどを見ていました。

今回のこの「エルネスト」は「チェ 39歳 別れの手紙」と内容がリンクしていますので、これだけでも見ておくと、より楽しめるのではないかと思います。

しかし、オダギリジョーってすごいですね。全編スペイン語。しかもボリビアの地方訛りで話しているらしいですが、それを半年で習得って。。

f:id:travelart:20171007234314j:plain

映画の舞台は1962年頃で、その頃の設定のキューバの街並みが映し出されるのですが、それがついこの前私が見てきた景色と変わらないので、それも感慨深かったですね。

面白い映画です。是非、キューバについての予備知識を持って見ることをおススメします。

 

スポンサーリンク