読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

1週間の旅行に最適なタイのSIM(True Move)を使ってみました。

プリペイドSIMを日本のアマゾンで購入して持参

年末年始のタイ・クラビの旅行では、7日間データ通信無制限というTRUE MOVE プリペイドSIMを、日本のアマゾンで購入して行きました。値段は1,280円。現地タイで買うと299バーツ(1バーツ約3.3円)、日本円で980円ちょっとです。300円ぐらいの違いなら、現地で探す手間も省けるので日本で買っていった方が気分的に楽ですね。夜中にバンコクに着いても安心です。

アマゾンで買うと、開通の説明書とともにこのような簡易パッケージで送られてきます。nanoSIMとmicroSIMのアダプター入りです。

f:id:travelart:20170105231149j:plain

2015年からタイの法改正により、パスポート情報の登録が必須になったようです。しかし2016年7月1日より、アマゾンで販売しているTOURIST INTER SIMという販売会社の法人名義で登録出来るようになったそうで、私はそこから購入後パスポート情報は提出していません。

100バーツ分(タイ国内への発信約100分、もしくは日本の携帯への国際発信約20分)も含まれるので、1週間程度の滞在であれば十分かと思います。

True Moveの開通作業はとても簡単。SIMフリーのスマホにSIMカードを入れて、説明書通りに設定をするだけ。バンコクの空港ですぐにインターネットにつながりました。

クラビ滞在中、人里離れたビーチの端の方でも電波は問題なく届いて、LINE、Facebook、Gmail、Googlemapなども完璧に利用でき、画像や動画も送ったりできました。このSIMは7日間の通信量が1.5GBを超えると通信制限がかかりますが、私は5日間の滞在で、動画は見ませんでしたがそれ以外普通に使って1.5GBなんて全然超えませんでした。

フリーwi-fiもあるけど、やっぱり現地SIMが便利

クラビでは、宿やレストラン、バーなど多くの場所でフリーwi-fiを利用できますが、その都度wi-fiを探してパスワードを入れたりするのが面倒なので、私はこのTrue Move SIMを使いました。どこでも気軽にスマホで通信できとても便利でしたね。

例えば、街のお土産屋さんから日本にいる家族に「こんなのあるけどどう?」と、LINEで下の写真を送って好みを確認したりもできたのです。LINEの音声通話もクリアでした。

f:id:travelart:20170105232950j:plain

いや~便利な世の中になったものですねぇ。つい10年ちょっと前までは、わざわざ国際電話かけて、お土産の希望なんて聞いてられませんでしたからね。

地図を見るだけならオフラインでも使えるアプリがあったりするので、現地SIMは無くてもそんなに困ることはないと思いますが、あれば何かと便利だなぁと思います。

スポンサーリンク