読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

海外旅行で余った小銭を羽田空港で電子マネーに交換!「ポケットチェンジ」

外国のコインを無駄にしない方法!

海外旅行から帰ってくると、どうしても残ってしまう外国の硬貨(コイン)。硬貨の日本円への再両替はできないので、寄付するか、次回その国に行くまで保管しておくことになるのですが、大概次の旅行時には忘れて持って行かないんです。そんなことでどんどん増える外国のコイン。

しかし今年、そんな悩みを解消してくれる両替機が羽田空港に現れたというのです。その名もPocket Change(ポケットチェンジ)。これは試してみたいと思い、これまで30年近くも眠っていた外国のコインを引っ張り出してみました。

f:id:travelart:20170325223457j:plain

この他にもまだまだあるのですが、交換できる通貨は限られていて、USドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円の5種類。まぁこれだけでも十分でしょう。これらを楽天Edy、itunesギフトコード、amazonギフト券、LINEギフトコートなどに交換できます。もちろんいくらかの手数料分はかかるんでしょうが。

f:id:travelart:20170325224047j:plain

机の引き出しの中でただ腐りかけてたコインが、コーヒー1杯に変わるだけでもいいじゃないですか!ということで、私は楽天Edyへの交換を選択。

紙幣も両替できますが、この機械のウリはコインの両替。ということで、このコインたちを投入。通貨ごとに分ける必要はありません。まとめてブン投げてもしっかりと判別してくれます。このへんは自販機王国日本の技術ですかね。

f:id:travelart:20170325224552j:plain

コインは1回につき20枚までの投入なので、大量にある場合は何度かに分ける必要があります。コインを追加をタッチして2回、3回、4回と、、、。

f:id:travelart:20170325224706j:plain

ジャラジャラ、ジャラジャラと。

f:id:travelart:20170325224909j:plain

全部投入後、取り扱っていない不明なコインが4枚あると表示され、返却か寄付かを選べました。戻ってきても使い道が無いので、私はそのまま寄付することにしました。なので、どこのコインが混ざっていたのかは分からないのですが、不明なコインはそのまま寄付に回せるということです。

そしてこれが投入したコインの内訳。

f:id:travelart:20170325225454j:plain

3.11USドル、1.40ユーロ、48.50中国元、1310韓国ウォンでした。日本円に換算して1216円。USドルの1セント、1中国元の10分の1の角まで受け付けてくれました!!これは本当にありがたい。なかなかこの角は使えずに溜まることが多いので。

これを楽天Edyのポイントに交換です。お財布ケータイのスマホをかざせばチャージ完了。簡単です。眠っていたコインたちが、コーヒー一杯分どころかコーヒーとケーキセット分になりました。

f:id:travelart:20170325230451j:plain

amazonギフト券などに交換する場合は、レシートにギフトコードが印字されて出てくるので、amazonのサイトにログインしてギフトコードを登録すれば、ポイントとして加算される仕組みです。

レシートには不明コイン4枚は寄付と記されていました。

f:id:travelart:20170325230826j:plain

スポンサーリンク

 

利用者としてはメリットしか感じられないポケットチェンジ

これなんでもっと爆発的に話題とならないのでしょう?何かデメリットがあるんですかね?機械の動作が不安定なんてことも全く無かったし。今回の交換作業に要した時間は5分ほどです。動作はサクサクで本当に簡単でした。

投入された硬貨の処理法がまだ確立されていないのでしょうか?いやそんなことはないよなぁ。この機械のおかげで寄付が減ってしまうというユニセフによる懸念ですかね?

羽田空港の設置場所は国際線到着ロビーのここ。こんなポツンと1台だけだと通り過ぎちゃいますよね。もっと目立たせて、流行らせるべきです!

f:id:travelart:20170325231445j:plain

交換レートが悪いと言う人がいるようですが、そんなことはありません。同じフロアにあったみずほ銀行の両替窓口に表示されていたレートも見てみました。

f:id:travelart:20170325232421j:plain

これを元に私の投入金額を計算してみると、、

3.11USドル=338.0259円、1.40ユーロ=162.246円、48.50中国元=698.885円、1310韓国ウォン=119.63円で、合計で約1319円。

これが1216楽天Edyポイントでしたから、たった100円ぐらいの違いです。しかも銀行では受け付けてくれないコインの両替です。

www.pocket-change.jp

成田空港にも同じようなTravelers BOXという両替機が設置されていますが、こちらは海外のメーカーが開発した機械とのことで、まだ日本での利用には不便なところがあるようです。ポイント交換先も日本ではあまりメジャーでないものだったりと。

ということで、このPocket Change(ポケットチェンジ)には今後大いに期待したいですね。

スポンサーリンク