TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

お腹の弱い人間がキューバ旅行に持って行くもの|キューバ一人旅その3

旅行中の食あたり、下痢、熱中症対策

どこに行くときも同じですが、旅行中、私の最大の心配事はお腹の調子。食べるのは好きなのですが、すぐにお腹を壊すんです。

キューバの飲食事情も、なかなか厳しい様子なので、お腹を壊さないよう、体調を崩さないよういろいろ調べて、事前に準備できることは、やり過ぎと言われるくらい準備していきます。

あと、熱中症になっても下痢することがあるので、夏のキューバの熱中症対策も大事ですね。


それでは、持って行くもの一覧です。

f:id:travelart:20170703214215j:plain

  1. ポカリスエット500ml10本(熱中症対策、食あたり・下痢時の水分補給)
  2. ポカリスエット粉末2箱(食あたり・下痢時の水分補給)
  3. OS-1ゼリータイプ(熱中症、下痢時の水分補給)
  4. 塩分タブレット(熱中症対策、塩分補給)
  5. フリーズドライフード(食あたりで胃腸が弱った時の食事)
  6. 新ビオフェルミンS(胃腸の働きを整えるための常備薬)
  7. トメダイン錠剤・フィルム、新タントーゼA(緊急時の下痢止め、フィルムタイプは財布の中に常備)
  8. キャベジン(胃が弱ったときに服用)
  9. ウェットティッシュ(衛生対策)
  10. トイレットペーパー(トイレに備わっていないことが多いため)
  11. 赤ちゃん用おしりふき(下痢が続くときのおしりのため)
  12. 便座シート(便座がない便器に使えるかも⁉)

ビビり過ぎなのは分かっています(笑)。これらの出番が無くて無駄になれば、それが一番なんですけどね。

この他にもお腹には関係ないバファリン、バンドエイド、オロナイン、ムヒなども持って行きます。もう、歩くドラッグストアかと。。

次に日焼け、熱中症、虫対策

f:id:travelart:20170703221529j:plain

  1. ノースフェイス ブリマーハット(UPF15-30対応、UVケア機能を備えたサンシールドハット 日焼け、熱中症予防)
  2. モンベル クールパーカ(通気性とUVカット効果を両立した、日除けに最適なパーカ 日焼け、熱中症予防)
  3. UVカットクールタオル(熱中症対策)
  4. サンメディックUV 日焼け止め(日焼け予防)
  5. 湿布(街歩き後の疲労対策)
  6. 熱さまシート(熱中症対策)
  7. サラテクトEXWプレミアム(虫よけ 蚊・ジカ熱対策)
  8. おすだけベープ(虫よけ 蚊・ジカ熱対策)

日差しをガンガン浴びる年齢ではなくなりました。より涼しく、より快適に。この他にもサングラスはもちろん、雨傘を日傘代わりに使おうかなとも、、。

今回はエアカナダを利用し、23㎏のスーツケース2個まで預けられるので、ちょっと荷物が多くなっても大丈夫なんです。

キューバの飲食事情について分かったこと

1.水道水は飲めません。

f:id:travelart:20170703222711j:plain

ペットボトル入りのミネラルウォーターを買わなければいけないのですが、しかしそのペットボトルの水も、底に穴を開けて中身を抜き取られ、ただの水道水が充填されているものもあるらしいのです。なんでそんなことするのか。。

現地の人は水道水を煮沸して飲むようですが、硬水を煮沸しても軟水になるわけではありません。沸騰すると純水が蒸発し、残った水はより硬度の高い硬水になるらしいです。

お店のコーヒーや紅茶などは水道水でも沸騰した熱湯で淹れるはずなので、まぁ大丈夫かなぁ。ちょっと心配だけど。

 

2.キューバで一番有名なミネラルウォーター「CIEGO MONTERO」は硬度376mg/Lで硬水。

f:id:travelart:20170703223435j:plain

日本の水は軟水で、軟水に慣れた日本人が硬水を飲むとお腹を壊しやすくなります。日本のいろはすは27.7mg/L、東京の水道水は60mg/L、ボルビックは60mg/L、エビアン304mg/L、ヴィッテル309mg/L、、とこんな感じです。

エビアンとか飲んで大丈夫なら、CIEGO MONTEROを飲んでも問題無さそうですね。

 

3.キューバ名物モヒートやキューバリブレ、サトウキビジュースなどに入っている氷でお腹を壊すこともあります。

f:id:travelart:20170703224745j:plain

あ~ビールオンリーにしようかな~。高級ホテルのラウンジみたいな所で飲めば大丈夫なのかな。氷無しのモヒートはぬるくて不味いだろうか。。。

 

4.生野菜サラダなどは、野菜を洗った水が原因でお腹を壊すこともあります。

f:id:travelart:20170703225431j:plain

目の前で皮をむいて提供されるマンゴーやパイナップルなどのフルーツは比較的安全。またその場で割ってくれるココナッツジュースも大丈夫そうです。野菜を食べるときは、中華街の店で「野菜の炒めもの」かな~。空心菜の炒めなんて無いだろうな~。

 

5.ビュッフェ料理は、食材の鮮度に問題があるので避けた方が無難。

f:id:travelart:20170703225833j:plain

暑い地域だし、食品の傷みも早いんですかね。ビュッフェの野菜サラダなどは、絶対に避けたほうがいいですね。私はビュッフェのお店に行く予定はありませんが。

 

こんな感じです。私が神経質なのは重々承知しております。でも私にとっては、お腹を壊さないことが何より重要なのです。

キューバの食事はあまり美味しくないという噂ですが、それでも一つ二つは美味しいものがあるはず。

上記の点に注意して、キューバの食事を楽しんできます。結果は帰国後にご報告!

スポンサーリンク