読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

上野の「ゴッホとゴーギャン展」来場者は多めでした。

展覧会 展覧会-ゴッホ

会場内はちょっと混雑

2016年10月8日から12月18日までの間、東京・上野の東京都美術館で開催中の「ゴッホゴーギャン展」。

会期初日の土曜日に見に行ってきました。開館時間ちょっと前の9時20分ごろに到着すると、チケット売り場は混雑していませんでしたが、会場入り口のところで200人ぐらいが待っていました。9時半の開場後はすぐに流れたので、待ち時間というほどのものはありませんでした。

f:id:travelart:20161008142045j:plain

しかし会場内は、入ってすぐの部屋に人だかりができていて、ちょっと混雑していました。なので、私は最初の部屋は飛ばして、第2の部屋から見ることに。空いているところから先に鑑賞しました。最初の部屋には、入り口からまた戻ることができますから。

展示作品はゴッホゴーギャン満載で、じっくり見て回って約1時間半。とても内容の濃いもので大満足でした。私が会場を出た11時半頃でも、入場待ちの列などはありませんでした。

会期初日で結構な人数だったので、これから秋の行楽シーズンを迎えると、さらに混雑しそうな感じですね。

スポンサーリンク

 

ミュージアムショップの問題点 

鑑賞後のお楽しみのミュージアムショップ。私は例によってクリアファイルとマグネット、絵葉書などのグッズを購入。そして今回はお手頃価格で良さそうなTシャツもあったので買ってしまいました。2,160円。ゴッホの≪パイプと麦わら帽子の自画像≫がモノクロでプリントされたTシャツです。

f:id:travelart:20161008143028j:plain

しかしこのTシャツ、他の図柄もあったのですが、残っていたサイズは全てSのみ。会期初日の午前中でもう他のサイズは品切れ!?そんなに人気なのか??

店員さん曰く、会期前の招待会に来た人たちが他のサイズを買ってしまい品切れになった、とのこと。招待客が購入するのは構わないと思いますが、せっかくチケット買って入場したお客さんの分が無いというのは、どうなんですかね~。私の目の前でも数名のお客さんが、サイズが合わないため購入を断念していました。もったいない。。

ちなみに私が買ったSサイズのTシャツは、大きめの造りなので日本のMサイズと考えて大丈夫です。172cmの私でちょうどピッタリです。日本のMサイズ相当ということで、あえて多めにしてあったのかな。でもLサイズ欲しい人もいますよね~。

 

travelart.hatenablog.com

www.g-g2016.com

スポンサーリンク