読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

今年の年末年始の旅行を9月中旬に手配

タイのクラビに行くことにしました!

年末年始の旅行の手配は夏前に済ませておくのが鉄則らしいのですが、私が旅行を思い立ったのは9月。なんかどこか行きたい、、と。

日程は12月29日から1月3日までのカレンダー通りの休み。遊びに使える予算は10万円ぐらいかな。寒い日本を抜け出すのだから、ビーチリゾートがいいなぁ、、などとのんきに検索し始めました。

しかし、やはり日本の連休もありハイシーズンは厳しいです。3時間ちょっとで行ける近場のグアムですら、私の予算では乗り継ぎ便で所要時間15時間とか、そんな航空券しか残っていません。
やっぱりこの時期は無理かなぁと思いながらもいろいろ検索していたら、私の予算内で済みそうな航空券と、良さそうな場所を見つけました。

それは、LCCエアアジアを利用して行く、タイのクラビ。タイ南部にあり、岩と青い海、青い空の景色が美しい場所です。

Phra Nang beach 14

12月28日の仕事納めを早めに切り上げ、午後8時成田発で行っちゃおうということで、12月28日発1月3日午後7時成田着のエアアジア往復、LCCなので荷物預け20㎏と機内食のオプションつけて95,340円。手配時期が早ければもっと安いのでしょうが、今となっては仕方ありません。乗り継ぎ時間も含め移動時間は結構かかりますが、その分日本から離れ、旅感が増すかなと思い、もう心はクラビに決まりました。

スポンサーリンク

 

しかしその前に、現地の宿泊予約がまだ可能か確認。私がいつも利用しているHotels.com のサイトで検索すると、やっぱり普通のホテルはホリデーリゾート価格で高くてとても無理。ホテルに5泊もしたら、予算が倍かかってしまう~。しかし諦めきれないので、自分の予算内の宿を探すと、行けそうなのはバックパッカー宿のドミトリー。

こうなったらドミトリーに泊まることにしますよ。

でも、できるだけパーリーピーポー(Party People)の少ない宿がいいので、ネットでいろいろ調査しまくりました。結構宿の数があるので、調査に日数がかかってしまいましたが、静かで評判の良い宿を予約できました。

それでは航空券の予約だと思って、skyscannerでもう一度検索してみると、、。

9月17日の時点で、前日よりも7,000円値上がりして102,340円になっている!いきなりそんなに上がる?

マジかよ~、、、となんだか一気にテンションが落ちてしまいました。

まぁ一回飲みに行ったと思えば何でもない金額ではあるのですが、、。もうこれ以上検索しても無理だよなぁと思いながらも、とりあえず別の航空券をしぶとく検索。

しかし、skyscannerの検索結果に表示される往復の組み合わせでは、料金とフライトスケジュールの2点で私の希望に合うものはもうありませんでした。

それでもその中で一つだけ気になる航空会社があったので、往路と復路別々に検索してみました。往路はバンコク経由のエアアジア、復路は香港経由で午後9時成田着の香港航空。

すると料金は、エアアジア片道52,996円。香港航空片道36,230円。両方とも20kgの荷物と食事込み。

んんっ?これ足すと89,226円。最初に見つけたエアアジアで往復する便よりも安いぞ。航空券は同じ会社の往復セットで買うのが一番安いと思い込んでました。香港航空だと少し成田着が遅くなるけど、香港の空港でトランジットの間、美味しい中華料理でも食べればいいのではないか!

ということで、即購入手続き。ちなみに香港航空はLCCではないので、最初から受託荷物と食事は入っています。

実際、中国東方航空などを使って行く方が安いのですが、ちょうど良い時間帯の便が無いのでこれは却下していました。

結果的に、航空券は89,226円、宿泊代は5泊で11,065円、合計100,291円で無事ほぼ予算内に収まりました。食費や交通費などは、日本で遊んでいてもかかる生活費の一部なので旅費にはノーカウント!

あとはフライトがキャンセルとかにならないことを祈るばかりです。

世界さま~リゾートでナイーブ大竹がクラビを紹介!

さま~ずの二人が司会で、世界中のビーチリゾートを紹介する番組「世界さま~リゾート」。現地のオモシロ情報を見せてくれて、ボーっと見てて楽しい番組です。

司会のさま~ずの大竹さんは潔癖症なので、安宿のベッドの臭いとか、街の食堂の綺麗かどうかわからない食器などに嫌悪感を示します。観点が私と同じ!

そんなナイーブ大竹さんが、次週タイのクラビを訪れ、現地の情報をレポートしてくれるのです。なんというグッドタイミング!

www.tbs.co.jp

スポンサーリンク