読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

六本木ヒルズのポンペイの壁画展を見た後、国立新美術館のルノワール展講演会へ。

ポンペイの壁画展も混雑!?

六本木ヒルズにある森アーツセンターギャラリーで開催されている「ポンペイの壁画展」に行ってきました。

いつものように事前に混雑状況をネットで調べたのですが、特に混んでいるという情報はありませんでしたので、土曜日の10時半ごろ入ればいいか、という感じで現地に向かいました。

六本木ヒルズのギャラリー入り口に予定通り10時半に着いたところ、「入場まで40分待ち」の標識。「げっ、、マジか!」と思いながら、そのまま進んでいくとやたら若い女子たちの行列が。

f:id:travelart:20160521211047j:plain

(現地で見たときは女の子ばかりかと思いましたが、写真を見返すと結構男性もいました)

実は同じ六本木ヒルズ森タワー52階の隣の会場で「セーラームーン展」を開催していて、行列はこちらのチケット売り場の待ち列だったのです。

写真手前がポンペイ展のチケット売り場。空き空きです。セーラームーン展に行く皆様、週末の朝10時半ごろは上記のような混雑ぶりですよ~。ちなみに午後1時ごろは、セーラームーン展の方も入場待ちの列は無くなっていました。

そして私はポンペイ展の会場内へ。ありがたいほど空いていて、大きな壁画をゆっくり自分のペースで思う存分鑑賞できました。約2000年も前の壁画の美しさにはとても感動しましたが、これをもっとテレビで取り上げれば、人も集まるだろうになぁなどと余計なことも考えてしまいました。NHKの“若冲”推しもすごいですから、ポンペイの壁画展主催のTBSもがんばれ!

じっくり見て回って2時間弱。ショップでいつものグッズを買って会場を出ました。

f:id:travelart:20160521214347j:plain

 

スポンサーリンク

 

ルノワール展記念講演会を聴く 

ポンペイの壁画展が開催されている六本木ヒルズから、歩いて約10分の国立新美術館へ向かいました。途中運良く、六本木ヒルズのヒルズアリーナで開催されていた「ブリュッセルフラワーカーペット」を見ることができました。本場ベルギー・ブリュッセルのチームが六本木にやってきて、この生花を敷き詰めたそうです、、、ってあとから調べて分かりました。もっとちゃんと見てくればよかったです。

f:id:travelart:20160521215741j:plain

そして国立新美術館の講演会場には、午後1時15分ごろ到着。講演会の入り口には100人ぐらいが並んで待っていました。やっぱりルノワール人気高し。

講師はブリヂストン美術館学芸員の賀川恭子さん。聞き取りやすい声で、講演の内容も素人の私にもとても分かりやすく、ルノワールについての理解が深まりました。

今回の講演を聴くためにはルノワール展のチケット(半券)が必要だったのですが、この日に限り半券でも再入場ができるとのことでしたので、このチャンスを生かし、再入場して実際に作品を見てしっかり講演の内容を復習してきました。

今日は美しいものをたくさん見た一日でした。

 

スポンサーリンク