読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

エールフランスの年末年始パリ往復便が安すぎる。。。

やっぱりテロの影響!?

日本航空が、2016年1月12日から2月29日まで、成田-パリ線を運休する、というニュースが流れました。11月13日にパリで発生した同時多発テロの影響で、需要が大幅に落ち込んだため、とのこと。

通常であれば年末年始のパリ往復便なんて大人気路線で、夏前から席が埋まっていって、結構早い時期に予約しても約15万円ぐらいするばず。ぎりぎりの予約になんかなったら30万円近くするものです。ちなみに、私が2014年の年末年始9連休で利用した全日空パリ直行往復便は、8月に予約して約16万円でした。

f:id:travelart:20151216220919j:plain

ところが2015年の年末はというと、、12月29日から1月3日までの旅程で検索してみると、その日本航空で約135,000円。エールフランスになるとパリ直行往復便が101,450円なんて金額で出てくるのです。

こんな12月の半ばでまだ空席があるということが普通ならあり得ないのですが、やはりこれはテロの影響でパリを訪れる観光客が激減しているということなのでしょう。特にエールフランス爆破予告事件などもあって、敬遠されているのでしょうかね。シャンパンやワインを飲んだりして、機内からフランス気分を味わえて良い航空会社なんですけどね~。

パリの年末年始

パリ市民たちはテロに屈せずいつも通りの生活をしようとしていますが、やはりいつもの年末年始のようなお祭り騒ぎは今年は無いのではないでしょうか。もしかしたら追悼行事のような感じになるのかな。

クリスマスマーケットは例年通り開いているようですが、シャンゼリゼ通りやエッフェル塔下の公園で、大勢の人が集まるカウントダウンはちょっと危ない気がします。ただでさえ酔っぱらいの増える時期。テロは起こらなくても、いろいろな人が集まって、お酒飲んだりして興奮すると、何をしでかすか分かりません。

f:id:travelart:20151216220954j:plain

上の写真は去年末のパリ北駅の様子です。パリでは、普段からこのような兵士たちがパトロールをしていました。それでも防げなかった今回の事件。警戒レベルが上がった今では、街にもっと多くの兵士や警官がいるでしょう。

いつまでが危険で、いつからが安全か、、どこが危険で、どこが安全か、、なんて誰にも分かりません。もうこればっかりは、自分の嗅覚に頼るしかないです。

はぁ~、、航空券代調べてみたものの、夏のギリシャ金融危機といい、今回のテロ事件といい、旅費が安くなっても全然嬉しくないなぁ。