TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

Girl in Havana ハバナの女の子って|キューバ一人旅その12

ハバナ最後の夜には続きが、、

’58インパラでドライブして、ハバナ最後の夜は大満足で終了。さぁ部屋に戻って、明日早朝の出発に向けて荷物の準備をしなければ。

、、と思って道を歩いていたが、やはり名残惜しい。旧市街は遅い時間になっても賑やかだ。

もう少しだけハバナの街を楽しもう。宿の近くの小さい公園のベンチに座って、街行く人々、アメ車タクシー、自転車タクシーを眺める。

f:id:travelart:20170821220511j:plain

あ~この景色ともお別れだな。昼間の暑さも、街に漂う臭いも、古い車から出る騒音も、、全ていい思い出だ。お腹壊すこともなく無事に過ごせて良かったな。

な~んてこと考えてたら、一人のオッチャンが話しかけてきた。今までなら面倒くさいので相手にしなかったが、もうこんな会話も最後だろうと思い、ちょっと話を聞いてみる。これがハバナでのローカルとの基本会話なので流れを書いてみよう。

オ「ハローマイフレンド!チャイナ?ジャパン?」
私「ジャパンだよ。」
オ「Ohジャパン!私の姉が日本にいるんだよ。東京か?大阪か?」
私「東京だよ。」
オ「東京か!いい靴履いているな。アディダスか?フィラか?」
私「コロンビアっていうメーカーだよ。」
オ「そうか、初めて聞いたな。歩きやすいか?」
私「歩きやすいよ。防水だし。」
オ「ところで、こんな所で何やってるんだ?レストランを探してるのか?」
私「いや、街を眺めてるんだよ。」
オ「暇なら近くにいいバーがあるんだが行くか?」
私「いや、時間が無いから。」
オ「どうしてだ。土曜日の夜だぞ。」
私「明日の朝4時に出発しなくちゃいけないんだよ。」
オ「そうなのか。それじゃ土産にシガー(葉巻)いるか?」
私「いや葉巻はいらない。」
オ「チカ―はいるか?」
私「いや、だから葉巻はいらないよ。」
オ「シガーじゃない、チカ―だ。」
私「え?チカ―って何よ?」
オ「チカ―だ。ガールだ。フォキフォキだ。」

チカ―(chica)ってスペイン語で女の子という意味らしい。つい聞いてしまった。フォキフォキもあとで調べたらxxxxを意味するという。するとオッチャン、私が女の子に興味を示したと思い込み、これから探しに行こうと言う。

いや、いらない。本当にそんなことやってる時間無いのよ。時刻は午後11時を過ぎている。もう帰って荷物まとめないと。

しかしオッチャンは止まらない。どこかに電話し始めた。
いいから、もうやめてくれ。

なんとオッチャンの友達の兄ちゃんまで現れた。あ~やっぱり面倒くせえな。
オッチャンには「キューバの女は好きか?」と聞かれるし、兄ちゃんには「ホワイトとブラックどっちがいい?」なんて聞かれる。はぁ~困ったな。

オッチャンに「キューバは好きか?」と聞かれたので、「キューバは好きだよ。面白い国だし、アメ車はカッコいいし、街が危なくないのがいいね。」と答えると、オッチャンは「そうだろ!キューバはいいだろ?I love Cuba! I love Cuba!」と、突然叫びだす。

おおぅ、そうか、そうか、えらいキューバ愛だな。

するとオッチャン、おもむろに右腕にデカく掘ったタトゥーを見せてくる。

え~ナニナニ?

<I love Europe €>

おい、ネタじゃねえかよ!しかもかなり体張って。よくユーロマークなんて彫ったな。なんかこの二人、不思議と悪い感じというか嫌な感じがしなくて、ただ会話するだけなら結構面白い。

とはいえ、女の子と遊ぶ時間は無いので「もう帰るよ。ありがとう。」と言ってその場を立ち去る。まぁ最後、ローカルと面白い会話もできたし十分楽しんだ。

宿に向かって歩いていると、さっきの兄ちゃんが追いかけてきて「すぐそこに俺の友達が住んでるんだ。」と言う。

f:id:travelart:20170821222042j:plain

ある建物の下で立ち止まり、兄ちゃんが叫ぶ。その建物の上の方に住んでいる友達を呼んでいるようだ。スマホ持ってるのに、ずいぶん原始的な呼び方だね。しかし友達は不在のようだ。

またここで少し立ち話が始まる。うぅぅ本当にもう帰りたい。。
東京の気候の話、車の話、野球の話、女の子の話、、帰りたい気持ちとは裏腹に会話が盛り上がってしまう。

そんなことをしているうちに、兄ちゃんの友達らしき女の子が帰ってきた。水の入ったタンクを二つ抱えて。お使いに行っていたらしい。

お使いから帰ってきたばかりの友達を紹介される。

「ハロー」

「ハロー」

「、、、、、、」

ん??微妙な空気が流れる。
え、何?友達と挨拶したよ?

すると兄ちゃんが「50CUCでどうだ?」と。

おいおい!マジで?何この状況!この子友達でしょ?値段なんて聞いてないし!友達の女の子を50CUCで勧めるなって!

しかしこの女の子もすごい。お使いから帰ってきたところなのに、この状況に動じていない。見た目普通のかわいらしい女の子なんだけど、これって日常茶飯事なのか。ハバナの女の子ってこんな感じなん?

オッチャンは「部屋は3時間で20CUCのところがあるから。」なんて言ってるし。

いや、ですから、私はあと4時間後には出発なのですよ。長旅が待ってるんですよ。(時間があればやんのかい!)

再度お断りして帰ろうとすると、女の子が「私の部屋なら10CUCでいいよ」なんて言う始末。もう友達の友達みたいな感じになってる。。あ、あかん。

いやダメ、ダメ。そんなことしたら、明日のフライトなんてどうでもよくなって、滅茶苦茶なことになるかもしれん。

なんとか理性が勝ち、一線を越えずに済んだ。酔っぱらってなくて良かった(笑)

このまま解散も味気ないので、バーに入ってビール1本ずつ奢って、今度こそ終了。寝る時間ほとんど無くなったけど、楽しかったからいいか。

最後の最後に思いがけない展開となった、というお話。

 

スポンサーリンク

 

海と車の色|キューバ一人旅その11

8日目(7月22日<土曜日>)地元民の集まるビーチへGO!

今日はスペイン語レッスンは無いが、Jakeraの企画したビーチツアーに参加する。チャーターしたタクシーに乗り8:30に出発。

約30分のドライブで、ハバナ周辺の地元民が多く集まるサンタマリアビーチに到着。個人でバスで来る場合は、T3ルートバスに乗れば着くらしい。

f:id:travelart:20170820012242j:plain

海に向かって左の方は、貸しパラソルとビーチチェアが所狭しと並び激混み。私たちは右側の空いているエリアに陣取りパラソルを広げる。Jakeraのスタッフがずっと荷物番をしてくれるので、盗難の心配など全く無く、安心して海で泳いだり砂浜を散歩できる。

f:id:travelart:20170820013518j:plain

f:id:travelart:20170820013540j:plain

パラソルの列が波打ち際ギリギリまで迫っている。

砂は細かい白砂。海はとても奇麗なターコイズブルー。波はほとんどなくて穏やか。老いも若きもみんな海を楽しんでる。これぞカリブ海って感じ。厳密にはメキシコ湾だけど。

着替えの場所とかトイレなどの施設は無いが、砂浜のすぐ裏手には屋台が並んでいて、水やジュースなどの飲み物やチャーハンやチキングリルなどの食べ物を買うことはできる。

それでもやっぱりトイレに行きたくなったので、すぐ近くにあるホテルトロピココ(Hotel Tropicoco)まで行き、入り口の警備員に聞いてみた。するとホテルのトイレは宿泊者専用だと言われた。でも、チップを渡すから使わせてほしいとお願いしたら即OK。チップは0.5CUC。

f:id:travelart:20170820015907j:plain

ホテルなので奇麗なトイレだ。便座は無いけど。これなんでなの?

サンタマリアビーチでは約3時間、海に浮かんだり、スタイルの良いキューバ人たちを眺めたりして海水浴を満喫。もう少し波があると、ボディサーフィンなんかができて泳いでいても楽しいんだけどな、とも思う。

3度目のクラシックカーツアー

サンタマリアビーチからハバナの旧市街に戻り、ビーチツアーは終了。これでJakeraのみんなともお別れだ。

このJakeraはスペイン語留学のための語学学校というよりは、キューバ旅行を楽しみながらスペイン語もちょっと勉強してみたい人向けのプログラムだ。私のような旅行者にはちょうどいい。実際、スペイン語での会話に慣れることはできた。

みんなと別れたあとは、お土産を買ったり、街をぷらぷら歩いてみる。明るい時間のハバナを歩くのもこれが最後だ。明日は朝4時に宿を出なければならない。

一度宿に戻って少し休憩して夕食へ。そして今日はハバナ最後の夜なので、夜のドライブに行ってみようと思う。

この1週間ハバナ旧市街を歩きまわりながら、アメリカンクラシックカーをたくさん見てきた。

そんな中で、ハバナで一番カッコいいタクシーを見つけたのだ。最後にどうしてもあれに乗りたい。

f:id:travelart:20170820023812j:plain

1958 Chevrolet Impala

キューバの海の色と同じ、ターコイズブルーの1958年式シボレーインパラである。ピッカピカ!!

f:id:travelart:20170820024140j:plain

ハバナ旧市街の中心にある公園パルケセントラル(Parque Central)近くのタクシー乗り場で待機していたので、運転手に声をかけて1時間35CUCで革命広場方面へのドライブをお願いした。これで3度目。お金のムダ??いやいや、いいのだ!

マジでカッコいい。内装はオリジナルのまま。

f:id:travelart:20170820024632j:plain

f:id:travelart:20170820024650j:plain

乗り心地も最高にいい。維持にお金かかってるんだろうなぁ。それとも自分で全部整備してしまうんだろうか。運転手のラウルは気さくで、英語でいろいろ説明してくれて、渋めでナイス。

あ~街行く人々が皆こちらを見ている気がする。車がカッコよすぎて(笑)。このインパラの色いいよなぁ。キューバンオーシャンブルーと名付けよう。

時刻は午後8時過ぎ。涼しくなってきて夕方の風が気持ちいい。だんだんと街の明かりも点灯してきた。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

夜の革命広場に到着。この前見たチェ・ゲバラとカミーロ・シエンフエゴスのモニュメントがライトアップされている。

f:id:travelart:20170820031225j:plain

f:id:travelart:20170820031248j:plain

このライトアップされた様子もなかなか見ごたえがある。、、と私が広場で写真を撮って歩いている間、ラウルのインパラの周りでは別の観光客が交替で記念撮影を行っていた。 暗くなってきたので、スマホのライトを照明代わりにしたりして。なぜか私も手伝わされた。

イベントのショーカー並みの扱いだね。

f:id:travelart:20170820124202j:plain

やっぱり人気なんだな、’58インパラ。誰が見てもカッコいいし、そして美しい。

革命広場から帰る途中、海沿いのマレコン通りをゆっくり走っていたら、地元の若者たちが乗る車に軽く挑発されたのかな。運転手のラウルは「ちょっと見てな」と言いアクセルを踏み込み、突然鬼のような加速。マレコン通りをぶっちぎる。

このインパラ、こんな速いのか!エンジンも絶好調だ!!

挑発してきた若者たちの車、旧ソ連製のラーダなんか、あっという間に遥か後方へ。うん、こういうちょっと危ないドライブもアリよ、キューバではね。

ちなみにこのインパラ、ハリウッドスターのウィル・スミスがハバナを訪れた際、数あるタクシーの中から一目で気に入り、ラウルが街を案内したそうな。

f:id:travelart:20170820125805j:plain

その時の写真を見せてもらった。助手席に乗ったウィル・スミスも嬉しそう。ハリウッドスターも認める車なのだ。

ドライブは予定の1時間を大幅に超えてしまった。追加料金請求されるかな、と思ったがラウルはそんなことしない。まぁ請求なんてされなくても、チップで多めに払うつもりだったけど。

それぐらい今回のドライブは気持ちが良かった。

別れ際「これからもずっとこの奇麗なインパラをキープしてね。」と言ったら、「50年以上もこの状態をキープしているんだ。これから先も同じだ。」ですって。渋いぜラウル!

ハバナ最後の夜は、この’58インパラとラウルのおかげで最高の思い出となった。

 

スポンサーリンク

 

旅先でお腹を壊さないための10の秘訣|キューバ一人旅その10

7日目(7月21日<金曜日>)健康の秘訣は何?

1週間のスペイン語レッスンも今日が最終日。まだ体調の悪そうな人たちがたくさんいる。

f:id:travelart:20170813181537j:plain

この前娘さんの調子が悪いと言っていたアメリカ人のお母さんも、一昨日の夜から体調を崩して寝込み、今日の朝ようやく動けるようになったそうだ。

そのアメリカ人のお母さんに「あなたはどうしてお腹の調子が悪くならないの?秘訣を教えて。」と言われた。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、このお腹超弱い男がそんな質問をされるとは。

ではここで私がハバナ滞在中、お腹を壊さないために気を付けていたことをまとめておこう。

1.肉が生焼けだったり、料理にハエがたかっていたり、ちょっとでも不安を感じたら、その料理は食べない。

2.飲み水に厳重注意。信用できる店で水を買い、歯磨きにも水道水は使わず、ペットボトルの水で口をゆすぐ。シャワーを浴びるときも口に水が入らないように気を付ける。

3.刺身や生野菜サラダなどは食べない。食材を洗った水道水にお腹をやられる可能性がある。「カツオのたたき」なんてメニューがあったなぁ。

4.レストランで食事をとる際、ナイフとフォークをウェットティッシュで拭いてから使う。

5.キューバまで行ってもったいない話だが、モヒートやキューバリブレなどのドリンクを飲まない。ドリンクに入っている氷が水道水で作られていて、お腹を壊す恐れがある。その点、ビールは瓶または缶のまま冷やされて出てくるので、心配は少ない。

6.値段が少し高くても観光客向けのきちんと管理されたレストランで食事をとる。ローカルな店や露店の料理などにも挑戦したいところだが、体調を崩すと2日間動けなくなってしまう。ここは安全策を。

7.事前にインターネットでレストランの評判を調べておく。過去にお腹を壊したという人が何人もいるようなレストランは避ける。トリップアドバイザーのレストラン検索はとても役に立つ。人気順に並べて、最後の方のページを調べると評判の悪いレストランが分かる。

8.アイスクリームなどのお腹を冷やすものは食べない。ハバナにはコッペリアっていう有名なアイスクリーム屋さんがあるけど、私の場合はお腹が最優先なので近寄らなかった。

9.毎食後、新ビオフェルミンSを飲む。

10.どこでも同じだが、暴飲暴食は避ける。

まぁ、せっかくの機会をいろいろ逃していることは分かっているが、これで私は体調を崩すことなく、毎日元気に歩き回っている。

f:id:travelart:20170813133842j:plain

アメリカ人のお母さんにも「私が食べ物に対して考えすぎなのは分かってるんだ(笑)」と言ったら「でもそれが今回役に立ってるじゃない!」とお褒めの言葉をいただいた。

Jakera散歩

午後はJakeraのプログラムに組まれている、カルチャーウォークに参加。ハバナ旧市街を歩いて街中の壁画や教会などの説明を聞く。

f:id:travelart:20170813134627j:plain

この引率のお兄さん(RONALDO 7)は、いろんなことをよく知ってる。博物館に行ったときも、私たちに説明をしていたら、他のお客さんも一緒に聞き始めて、最終的には大規模な解説ツアーになっていた。

このカルチャーウォークは参加する価値ありだ。もっといろんな場所に行きたかったな。

明日土曜日は、Jakeraが企画したビーチツアーがあるそうだ。これにも参加してみよう。

このJakera Cubaでのスペイン語レッスンに1週間参加してみて、スペイン語の力自体はまだそんなに伸びてはいないが、世界中の人と楽しく会話できたことは非常によかったと思う。

スタッフも一生懸命やってくれるし。設備が不足しているのは仕方のないこと。限られた設備の中で最大限楽しいことを考えてくれる。キューバ以外にもJakeraのプログラムはあるみたいなので、今度は別のところでも参加してみようかなぁ。

ハバナの超おススメレストラン「Donde Lis」

夕食の時間。お気に入りレストランとなったDonde Lisを再訪。ここでもキューバ名物ロブスターのグリルと豆ごはんを注文。そしてお決まりのビールも。

f:id:travelart:20170813140744j:plain

はい予想通り美味しい。ロブスターの身はプリプリでちょうどいい塩味。豆ごはんも薄目の塩味で食が進む。ビールにもよく合う。

このお店何がいいって、静かで落ち着いてる。繁華街からちょっと離れているので、人通りが少ない。車もあまり走っていないので、排気ガス臭くない。

あとでトリップアドバイザーを見てみたら、このお店805軒中8位だって!そりゃそうだよな。いいお店だもん。

www.tripadvisor.jp

ロブスター11.80CUC、豆ごはん1.50CUC、ビール2.20CUC×2本、全部で日本円で約2,000円。

料理は美味しくて、やっぱり安心のお店だ。ハバナを訪れる人には是非おススメしたい。

 

スポンサーリンク