読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRAVEL AND ART

旅行と美術鑑賞のことばっかり考えてるブログです。

リコー「THETA(シータ)SC」で旅行の楽しい瞬間を切り取る!

写真の新しい楽しみ方

360度撮影できるリコーTHETA(シータ)という新しいカメラ。その存在は前から知っていましたが、あまり興味を惹かれませんでした。360度撮影できても、できあがる画像は正距方位図法みたいのでしょ、、と。学校の社会の時間に出てきた世界地図の投影法のあれです。

Azimuthal Equidistant N0E0

(正距方位図法)

こういう画像も面白いとは思いますが、やっぱり友達や家族に見せるときは、今まで通り普通に写っている写真の方がいいよなぁと思っていたのです。

しかし最近では、写真をスマホやタブレットで見ることがほとんどなんですよね。以前は写真をプリントしてアルバムに入れて家族に見せていたのですが、今では両親もほとんどスマホで見るようになりました。そうなってくると、写真の楽しみ方も変わってきます。必ずしも、平面画像である必要が無くなってくるのです。

このTHETAで撮れる360度画像は、スマホやPC上で360度グリグリ回して見ることができます。グーグルマップの画像みたいに。

家族が並んで撮る記念写真や、美味しい料理の写真などは平面画像の方がいいと思いますが、家族がテーブルを囲んで団らんする風景や、美味しい料理を仲間と食べている風景などは、360度カメラの方が臨場感のある楽しい写真が撮れます。また、旅先での街並みやどこまでも広がる大自然、はたまた大混雑のイベント会場ですら面白い撮影場所になりそうです。

そう思い始めたらすぐにでも欲しくなって、、買ってしまいました。リコーTHETA SC。2016年の10月に発売になったモデル。元々THETA Sというモデルがありましたが、性能はほとんど同じなのに定価を1万円も下げて出てきたのがこのSC。なんと素晴らしい。リコー様ありがとう!

本体のカラーバリエーションは水色、ピンク、ベージュ、白の4色。私が選んだ色は白です。360度カメラという性質上、撮影している人やカメラ本体も画像に写りこんでしまうので、できるだけ風景に影響の出ない黒が欲しかったのですが、SCモデルには黒の設定が無いので白というわけです。

f:id:travelart:20170304192024j:plain

でも結局黒いシリコンカバーを買ったので、本体は何色でも良かったですね。

f:id:travelart:20170304192208j:plain

編集用の専用アプリも整ってきた

THETAで撮影した画像はスマホかPCに取り込みますが、スマホの専用アプリでも様々な編集が可能です。そして画像を公開する場合は、theta360.comというリコーTHETAの専用サイトにアップして、そのリンクをブログなどに張って画像を見てもらうのが一般的。またFacebookに張り付けることも可能です。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

この専用アプリは随時アップデ ートされていて、できることがだんだんと増えてきているので、この先も進化が期待できます。

旅行先の全ての瞬間を楽しい写真に

石灰岩の山が迫るタイ・クラビのビーチ、トラムが走り回る香港のビル街、大混雑のルーブル美術館のモナリザの間、フィレンツェのジョットの鐘楼から見る赤茶色の屋根が続く景色、、、

f:id:travelart:20170305223142j:plain

f:id:travelart:20170305223925j:plain

ヴィクトル・ユゴーが“世界一美しい広場”と賞賛したブリュッセルのグランプラス、仔豚の丸焼きが中心に置かれた中華料理店の円卓、石垣の連なる沖縄の今帰仁城跡、早朝の人のいない清水の舞台などなど、、、

f:id:travelart:20170305224640j:plain

これまで旅行で訪れた場所を思い返すと、このTHETAで撮影したらどんなに楽しい写真になったか、と思うところがいくつもあります。

これからは旅行先でTHETAを使って、今までとは違った写真をたくさん撮ろうと思います。家の近所を撮影して、数年後に違いを見つけるというのも面白そうですね。いろいろ撮りたい場面がどんどん思いつきます。

このTHETAは、無くても困らないけど、あれば旅行がより楽しくなるカメラですね~。

スポンサーリンク

 

茨城空港がアツい!小見玉オールドカーミーティングに行ってきました。

茨城空港が人で一杯だ~!

茨城空港ビル横の空港公園で開催された「小見玉オールドカーミーティング」を見てきました。懐かしの古い車ばかり約90台が展示されるイベントです。ご当地アイドルのライブもやってました。

f:id:travelart:20170305194150j:plain

会場は茨城空港の敷地の中なので、今日は朝から空港周辺の道路も混雑していました。古い車が集まるので、来場者の乗ってくる車もかなりパンチの効いたのがありましたね。それ車検通らないでしょっていう、、、。

茨城空港は、航空自衛隊百里基地が併設されているので、空港公園にはRF-4EJ戦術偵察機とF-4EJ改 要撃戦闘機の2機が展示されています。そんな自衛隊機と旧車のコラボです。

f:id:travelart:20170305195254j:plain

展示車は古くても綺麗に維持されていて、とても見ごたえのあるものでした。

GT-Rとか。

f:id:travelart:20170305195732j:plain

MACH1とか、2CVとか。

f:id:travelart:20170305195900j:plain

クラウンかっこいい~!

f:id:travelart:20170305200021j:plain

グロリアもこんなだったんですね!

f:id:travelart:20170305200047j:plain

ZZZZ!

f:id:travelart:20170305200102j:plain

やっぱり古い車はカッコいいですね~。でも維持大変だろうなぁ。会場は車好きな男たち、家族連れ、カップルなどたくさんの人で賑わっていました。みんな車が大好きです。

f:id:travelart:20170305212112j:plain

入場無料でこれだけ楽しめれば十分ですね。

スポンサーリンク

 

会場ではフリーマーケットやたくさんのグルメブースも

会場ではフリーマーケットも開かれていました。自動車のおもちゃや工具などジャンク市といった感じでしたが、そんな中で私が興味を持ったのは古雑誌。昔の車雑誌2冊とカタログを買いました。

ドライバーの1964年11月号と12月号、シボレーコルベットC6のカタログです。

f:id:travelart:20170305211105j:plain

11月号は第11回東京モーターショー特集、12月号は第6回外車ショーの特集。50年以上前の車の価格なども載っていて、なかなか面白いです。

f:id:travelart:20170305211343j:plain

f:id:travelart:20170305211354j:plain

当時もモーターショーのコンパニオン特集はあったんですね~。

f:id:travelart:20170305211541j:plain

茨城空港では他にもたくさんのイベントを開催しています。

茨城空港の公園では、このオールドカーミーティング以外にも様々なイベントを開催しています。2016年には、一般所有のポルシェ約100台の展示会、ハロウィンパーティー、熱気球体験などが開催されました。異色なものとしては、夜空コン(そらこん)という、大規模な合コンパーティーもあったそうです。

これは去年の告知です。

www.ibaraki-airport.net

茨城空港は人を集めるために、いろいろアツいことやってますね~。そしてちゃんと人もたくさん集まっています!

でも今日茨城に着いた人は驚いたでしょうね。私もまたここから旅行にも行きたいなぁ。

スポンサーリンク

 

1週間の旅行に最適なタイのSIM(True Move)を使ってみました。

プリペイドSIMを日本のアマゾンで購入して持参

年末年始のタイ・クラビの旅行では、7日間データ通信無制限というTRUE MOVE プリペイドSIMを、日本のアマゾンで購入して行きました。値段は1,280円。現地タイで買うと299バーツ(1バーツ約3.3円)、日本円で980円ちょっとです。300円ぐらいの違いなら、現地で探す手間も省けるので日本で買っていった方が気分的に楽ですね。夜中にバンコクに着いても安心です。

アマゾンで買うと、開通の説明書とともにこのような簡易パッケージで送られてきます。nanoSIMとmicroSIMのアダプター入りです。

f:id:travelart:20170105231149j:plain

2015年からタイの法改正により、パスポート情報の登録が必須になったようです。しかし2016年7月1日より、アマゾンで販売しているTOURIST INTER SIMという販売会社の法人名義で登録出来るようになったそうで、私はそこから購入後パスポート情報は提出していません。

100バーツ分(タイ国内への発信約100分、もしくは日本の携帯への国際発信約20分)も含まれるので、1週間程度の滞在であれば十分かと思います。

True Moveの開通作業はとても簡単。SIMフリーのスマホにSIMカードを入れて、説明書通りに設定をするだけ。バンコクの空港ですぐにインターネットにつながりました。

クラビ滞在中、人里離れたビーチの端の方でも電波は問題なく届いて、LINE、Facebook、Gmail、Googlemapなども完璧に利用でき、画像や動画も送ったりできました。このSIMは7日間の通信量が1.5GBを超えると通信制限がかかりますが、私は5日間の滞在で、動画は見ませんでしたがそれ以外普通に使って1.5GBなんて全然超えませんでした。

フリーwi-fiもあるけど、やっぱり現地SIMが便利

クラビでは、宿やレストラン、バーなど多くの場所でフリーwi-fiを利用できますが、その都度wi-fiを探してパスワードを入れたりするのが面倒なので、私はこのTrue Move SIMを使いました。どこでも気軽にスマホで通信できとても便利でしたね。

例えば、街のお土産屋さんから日本にいる家族に「こんなのあるけどどう?」と、LINEで下の写真を送って好みを確認したりもできたのです。LINEの音声通話もクリアでした。

f:id:travelart:20170105232950j:plain

いや~便利な世の中になったものですねぇ。つい10年ちょっと前までは、わざわざ国際電話かけて、お土産の希望なんて聞いてられませんでしたからね。

地図を見るだけならオフラインでも使えるアプリがあったりするので、現地SIMは無くてもそんなに困ることはないと思いますが、あれば何かと便利だなぁと思います。

スポンサーリンク